カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 快眠のための自律神経を整える入浴方法!

不眠・睡眠障害

快眠のための自律神経を整える入浴方法!

%E3%81%8A%E9%A2%A8%E5%91%822
仕事や育児、家事など時間に追われて忙しい毎日。そんなときは、緊張状態で交感神経は働きっぱなしです。
快眠のためにも入浴で副交感神経を優位にしましょう。ここでは、副交感神経を優位にする入浴方法をご紹介します。
 

お湯の温度は38~40℃くらいで

一般的に「ぬるい」と感じる温度は38~40℃で、「熱い」と感じるのは42℃ぐらいです。ぬるいお湯は血圧も心拍数もゆるやかに上昇し、胃腸の働きも活発になり、全身がリラックスしてきます。 

 

じっくり15分を目安に

身体を芯からあたためるには20分以上の入浴が基本です。お風呂に入ってから5~10分程度で副交感神経が優位になり、リラックスしてきます。ぬるめなら20分以上でも無理なく入浴できるはずです。体調と相談しながら、無理をせずに行って見て下さい。 

 

胸より下だけ浸かる

半身浴は血行を促進し、身体をあたためてくれます。また全身に水圧がかからないため、心臓や肺の負担が小さく、お年寄りや妊婦の方でも安心です。
寒くなってきたと感じたら、少しずつお湯を足して温度を維持しましょう。肩が冷えやすい人は、フェイスタオルなどを羽織ると良いです。 

 

腹式呼吸でリラックス

イライラしていると肩や胸だけの浅い呼吸になり、さらにイライラします。
そこでオススメなのが緊張をほぐす腹式呼吸です。
軽く目をつぶり、吸うときにお腹が膨らむようにすることでリラックスします。 

 

アロマオイルでリラックス

心地よい香りは脳に作用し、気分を落ち着かせてくれ、自律神経やホルモン分泌にも影響を与えてくれます。お風呂に数滴垂らしてよく混ぜましょう。
とってもリラックスできますよ。
 
※アロマオイルは妊娠時期によって使えるものと使えないものがあります。店員さんに確認するなどして購入しましょう。
 

(Photo by:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

安眠・快眠術に関する記事

熱帯夜なんて怖くない!?暑い夏に快適に眠るためにできる4つの工夫

暑い夜に、「ぐっすりとよい眠りにつける工夫」は何かしているでしょうか。眠りにつ...

体温を下げて心地よい入眠へ!手が温かくなると体温が下がっている"しるし"です!

 人は眠りにつくとき、体温が上がるでしょうか、下がるでしょうか。 よく赤ちゃん...


より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

あなたは寝るとき、照明を消しますか?豆電球を付けたままですか?   子供のころ...

フラワーエッセンスで安眠・快眠!フラワーエッセンスの使用法と効果

私が一番体調がすぐれないときにお世話になったのがフラワーエッセンスです。 夜寝...

カラダノートひろば

安眠・快眠術の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る