カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 手首 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 手首の痛みを和らげる3つのツボ

関節痛・腰痛

手首の痛みを和らげる3つのツボ

ツボ押しは痛みの緩和に有効なときもあります。ただし、症状がひどいときや手術直後、ねん挫や骨折時は避けましょう。

 

慢性的な手首の痛みを和らげるツボを3つ紹介します。

 

●合谷

合谷は手首だけではなく体のさまざまな場所の痛みを緩和するとも言われているツボです。

 

手の甲で、親指と人差し指をつないだ線が1つになる部分を確認します。それより少し指先側に合谷があります。

 

●大陵

大陵は手首の関節にあるツボです。

 

手のひらを自分に向けた状態で、手首を曲げます。手のひらと手首の間にある、手首を曲げた時に基点となる場所が大陵です。左右の位置は中指の真下に当たります。

 

●温溜

親指を自分の方向に向けて、肘を曲げてください。親指と肘の丁度真ん中にあるのが温溜です。腱鞘炎の炎症を抑えるツボとして知られています。

 

●正確な探し方と押し方

ツボを正しく探すには、軽い力で何か所かを押してみるのが一番です。軽く押しただけでもズーンと響く場所があれば、そこがツボです。

 

そして、ツボを押すときは基本的には親指の腹で押すようにします。親指の腹をツボにつけて、中にゆっくりと押し込むような気持ちで押してください。

 

注意したいのは、痛みを感じたら長くツボ押しをしないことです。ツボの位置が間違っていたり、別の病気でその部分に炎症がある可能性があります。

 

手首が痛い、疲れたというときにはツボ押しをしてみるのも良いでしょう。ただし、怪我をしているときやツボ押しで異常が出た場合には即座に中止してください。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

手を労わる習慣をつけよう

  特別な運動をしている人に限らず、日常的に手を酷使する人は手首を痛めてしまう...

手首が痛いときには腕をマッサージする

  手首が痛いときには手首そのものに気を配ったらよいと考える方も多いです。もち...


タイピングで手首を痛めない2つのポイント

パソコンを使っていると知らないうちに目や肩、そして手首までもが疲れるという方も...

実践!手首に負担がかからないPC使用方法

  パソコンを仕事道具にしている人は多くいると思います。その中でもパソコンを継...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る