カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 手首 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 手首が痛いときには腕をマッサージする

関節痛・腰痛

手首が痛いときには腕をマッサージする

 

手首が痛いときには手首そのものに気を配ったらよいと考える方も多いです。
もちろん、それも間違いではありませんが、時と場合によっては腕のマッサージが効果的なこともあります。

 

●手首の痛みに腕のマッサージが効果的な場合とは?
手首の痛みでも腕のマッサージが効く場合は慢性疲労の時です。
手や腕を酷使したことによって筋肉が慢性疲労に陥っているときにはマッサージが効果を発揮します。
捻挫、骨折の場合にはマッサージが逆効果になることもあるので注意が必要です。
また、関節炎やリウマチなどの場合はマッサージが一時的に効いたような気がしてもすぐに激しい痛みが襲ってくるので、こちらも長期間の効果があるとは言えません。
他に異常がなく、慢性疲労と思われる場合のみマッサージを実行してください。

 

●どんなふうにマッサージすればよいの?
具体的なマッサージの方法ですが、手首から肘、肘から肩まで広くマッサージするのが良いと言われています。
肘から手首に伸びている筋肉をほぐすように、肩から肘まで続いている二の腕をほぐすようにマッサージしていきます。
手を曲げた時に盛り上がる筋肉部分に沿ってマッサージするのがよいです。
力は入れすぎず、少し力をかける程度にして筋肉に過度な負担を与えないようにしてください。

 

手首の痛みも含めた腕の慢性疲労解消のために、筋肉の筋に沿ったマッサージをするのもおすすめです。
マッサージで痛みや疲労感が取れない場合は病院で検査や治療を受けてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374538.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

なるべくなくしたい!手首への負担

  手首には骨の構造上、負担がかかりやすい部位の一つです。いつのまにか手首への...

実践!手首に負担がかからないPC使用方法

  パソコンを仕事道具にしている人は多くいると思います。その中でもパソコンを継...


手首の痛みを和らげる3つのツボ

ツボ押しは痛みの緩和に有効なときもあります。ただし、症状がひどいときや手術直後...

タイピングで手首を痛めない2つのポイント

パソコンを使っていると知らないうちに目や肩、そして手首までもが疲れるという方も...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る