カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 症状 >
  5. 頚神経根から全身に広がる症状

関節痛・腰痛

頚神経根から全身に広がる症状

 

 

首は頭を支えるという役割のほかに、脳と体をつなげる役割も持っています。
首には神経が多く通っており、首の痛みの原因が神経の圧迫によるもの、神経の異常によるものという可能性もあります。

 

●神経根とは?
神経根は頚椎の他に腰椎などにもある『神経の枝分かれした部分』です。
脊髄から神経は出ており、その根元が神経根と呼ばれています。
首の神経根は頚神経根という名前で、第1頚神経根から第8頚神経根まで8つの神経根があります。
頸椎症などの場合には脊髄そのものが圧迫される場合、神経根が圧迫される場合で症状が異なります。

 

●第5-8頚神経根の異常
第1-4頚神経根は圧迫されていても目立った症状が出ません。
一方で、第5、第6、第7、第8頚神経根に関してはそれぞれ全く違った症状が出ます。
第5頚神経根が圧迫されると二の腕から肘にかけて動かしにくくなります。
第6頚神経根の圧迫は肘から手首、親指と人差し指の感覚異常が起こします。
第7頚神経根の圧迫は中指第8頚神経根の圧迫は薬指と小指の感覚異常を引き起こします。

 

●その他の症状
第1-4頚神経根の圧迫についても言えることですが首から肩にかけての熱を持ったような感じは多くの患者さんが体験しているようです。
他には姿勢を正して安静にしても痛みが引かないのも特徴です。

 

脊髄から伸びている神経根のうち、首の神経根を頚神経根と呼びます。
頚神経根は8つあり、そのうち第5頚神経根から第8頚神経根が圧迫されると腕や手に感覚異常が起きます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/06/19/20/29/homeless-50311_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

頸椎症とヘルニアの神経根症状

  首の骨は頸椎(けいつい)と言い、7つの椎骨で構成されています。    ...

最初は首の痛みから!頸椎症の諸症状

  首の老化は椎間板からはじまっていくとされています。椎間板はゼリー状の物質が...


40代以降は特に注意したい頸椎症の症状

  年を取ると体のあちこちが痛んできて、病気を疑ってしまうこともあるかもしれま...

むちうちの後遺症で全身に不調が?!不安になったら読んでみましょう

事故などでむちうち症を起こした後の後遺症に悩んでいませんか?または、体の不調がむ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る