カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 副甲状腺機能低下症 >
  5. 高齢者は気をつけたい、内分泌疾患から発症する低体温症とは?

気になる病気・症状

高齢者は気をつけたい、内分泌疾患から発症する低体温症とは?

 

 

高齢者は特に気をつけたい

内分泌疾患から発症する「低体温症」とは?

 

インターネット上のとあるサイトにて、「低体温症」に関する興味深い記事が紹介されていました。皆さんは、「低体温症」という病気をご存知でしょうか?体の深部体温が35度以下に下がったとき、人は意識を失ったり、呼吸が停止するなどの重大な症状を招いてしまいます。この状態を低体温症というのですが、これが甲状腺機能低下症などの内科疾患を持っている人なら、夏時の屋内でも引き起こされる可能性があるというのです

 

甲状腺機能低下症の持病を持っていた男性の例と発症因子について

 

この記事に書かれていたのは、ある甲状腺機能低下症の持病を持っていた男性の話です。
一昨年の夏、救急救命センターに、ショック状態で意識のない60代の男性が運び込まれました。その際の深部体温は32℃、顔にはむくみがあり、低血糖、低ナトリウム血漿などの症状が見られたとのことです。その男性は、甲状腺機能低下症を患っていたそうですが、風邪をきっかけに、体内のホルモン需要が一気に高まり、ショック状態に陥ったとの事でした。

 

体温が32℃程度まで下がると、錯乱や意識の消失、震えが止まるなどの症状が出て、30℃以下になると、瞳孔拡散、不整脈、呼吸停止など緊急で治療を行わなければ非常に危険な状態に陥るということです。この低体温症が発症する要因としては、どのような内分泌系疾患であるかによって異なりますが、代表的なものとして糖尿病・副腎不全・甲状腺機能低下症の場合、

 

・糖尿病…インスリンの低下によって体温が下がる

・副腎不全…ステロイド剤を急に中止するなどした際に体温が急激に下がる

・甲状腺機能低下症…感染や外傷、寒冷などが原因の粘液水腫性昏睡発症による体温低下

 

このような原因によって、低体温症が引き起こされます。また、これに加えて慢性的な低栄養状態にあり、熱を作り出せないことも発症を高める要因になるとのことです。

 

低体温になったときの対処方法と、その予防法について

 

低体温症になったとき、どのような処置をすればよいかということですが、先ずは119番で救急車を呼ぶことに尽きるようです。低体温の処置は難しく、輸液の処置など専門家でないと行えないことが多くあります。周囲の人ができることは、まず毛布などで体を温めることのようです。

 

内分泌疾患を持った高齢者がおられる場合、予防法として次の方法があります。

 

<低体温症の予防法>
1)できるだけ部屋を19℃以上に保つ。

2)低体温による脱水症状も心配されるので、水分の定期的な補給も行う。

3)重ね着をしてひざ掛けを使う。

4)厚手のソックスにスリッパを履く。

5)寝るときはパジャマの下に防寒着を着用する

 

など。

 

最後に

 

低体温症の予防として一番重要なことは、やはり持病の管理ではありますが加えて周囲の人が常にその人の毎日の様子を見て変化に気づけることではないでしょうか?

低体温症で搬送されてくる患者さんの70歳を超える方に多いようです。高齢になると、多くが自分の体温や体調の変化に鈍感になっている場合があります。

内分泌疾患を持った高齢者の方がいるならば、夏場はとくに食欲も落ち、薄着になりますので冬以上に注意が必要かもしれません。

 

 

 (photo by://pixabay.com/ja/%E5%86%AC%E3%81%AE-%E5%B1%B1-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2-%E9%9C%A7-%E9%9B%AA-%E8%87%AA%E7%84%B6-108980/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副甲状腺機能低下症に関する記事

こむら返りが止まらない…副甲状腺機能低下症!?

    カルシウムは骨の材料になるだけでなく、筋肉が収縮・弛緩するときに...

そのだるさは「甲状腺機能低下症」から来ているかもしれない?

  そのだるさは「甲状腺機能低下症」から?    甲状腺機能低下症とい...


妊娠中の潜在性甲状腺機能低下症に気をつけよう!

潜在性甲状腺機能低下症という病気をご存知でしょうか? この病気は、慢性的に...

カラダノートひろば

副甲状腺機能低下症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る