カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠中は夫婦喧嘩が多くなる!?どうしたら良い?

妊娠・出産

妊娠中は夫婦喧嘩が多くなる!?どうしたら良い?

女性は妊娠すると、身体の変化だけでなく、心も大きく変化します。

 

今までは平気で飲み過ぎ食べ過ぎ、夜更かしなどの不摂生をしていた人でも、妊娠すると、自分の行動が全て赤ちゃんに影響するからちゃんと摂生しよう と思えるでしょう。

それは女性は妊娠した瞬間から「母親」という自覚が芽生えるからです。

 

しかし男性はどうでしょうか。自分の身体は何も変化なく、痛くも痒くもありません。

 

なぜ妊娠すると夫婦喧嘩が多くなるの?

確かに世の中には「産まれてくる子供のために、自分は節約して、少しでも子供の将来のためにお金を貯めておこう」と思える男性がいないわけではありませんが、きっとそんな男性に巡り合える可能性は、とてつもなく低いでしょう。

 

普通の男性は「子供ができた」とただ漠然と思うだけで、父親の自覚など芽生えません。

男性が父親の自覚を持てるようになるのは、出産後、赤ちゃんに表情が出てきたり、パパと言えるようになったりしてからです。

 

従って、妊娠をすると男女の間に温度差ができ、それは日が経つごとに差が開いていきます。

出産間近になれば、女性は完全に母親の心境になっていて、「自分のことより子供が第一」の生活をすぐにでもスタートできる状態になっていますが、男性は「自分が第一」のままです。

 

この温度差によって些細なことでも喧嘩が絶えず、妊婦は強いストレスをためてしまう人が多いようです。 

 

夫婦喧嘩の解決法の糸口

仲直りの方法は夫婦により様々ですが、妊娠中は喧嘩の頻度が増します。

気持ちが収まる前にまた喧嘩が始まってしまって、「もう絶対許せない!」という心境になってしまうこともあります。

 

しかし男性との間に温度差ができてしまうことは仕方のないことです。

妊婦の大変さや、出産や将来の不安をいきなり理解して欲しいと思っても無理です。

男性にはそもそも妊婦に対しての知識もなく、自分の身体に変化が起きるわけでもないので、実感できません。

 

逆に「今までは許してもらえていたのに、なんで妊娠したら急に許してもらえないんだろう」と不思議に思っているだけなのです。 

 

女性は妊娠すると精神が不安定になりやすい…

さらに女性は妊娠するとホルモンのバランスが崩れ、精神不安定に陥りやすくなります。

ネガティブ思考になったり、ヒステリックになってしまったり、涙が止まらなかったりと、症状も様々ですが、それが夫に対しての不満を倍増させてしまうケースもあります。

 

解決には、女性側の気持ちの持ち方を変えるのが一番簡単で近道でしょう。

・男性の心理を理解し、必要以上に求めないこと

・女性のホルモンバランスが崩れていて、自分もネガティブになってしまっていることを自覚すること

 

妊娠中の喧嘩は、ストレスによって胎児に悪影響を及ぼします。

また、喧嘩が続いて男性が家に居づらい環境だと、浮気に逃げてしまう危険性もあります。

 

相手の性格を変えることは難しいことです。産まれてくる子供のことを1番に考え、少しでも喧嘩が減るように自分自身を変える努力をしてみましょう。

 

(イラスト by http://www.irasutoya.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備に関する記事

知っておいても損はない!妊娠中のトラブル時に「産科で使用される薬」

 知っておいて損は無い、妊娠中のトラブルにおいて産科で使用される各種お薬を紹...

命の危険を冒してまで子どもを産んでくれた奥さんに、産後祝いのプレゼントをあげよう

今でこそ医療技術が発達したものの、出産は女性にとっては危険な経験の一つです。...

パパの準備の体験談

【頼らない・期待しない・自分でやるのが当たり前】

産後、旦那さんとの喧嘩が増えてしまった方も多いと思います>< 実際にうちがそうです・・。 ...

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る