カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. >
  5. カルシウムの摂取と吸収が大切!骨粗鬆症の食事法について

女性のカラダの悩み

カルシウムの摂取と吸収が大切!骨粗鬆症の食事法について

%E5%B0%8F%E9%AD%9A

骨粗鬆症には、まずカルシウムをとり、さらにその吸収に注意します。
">1日にとりたいカルシウムの量は骨粗鬆症の方で800mgです。

■ポイント1 カルシウムを多く含む食品をとりましょう


●牛乳・乳製品
牛乳・ヨーグルト・チーズ

●野菜・海藻
かぶの葉・小松菜・大根の葉・春菊・切り干し大根・ひじき

●小魚類
干しエビ・きびなご・わかさぎ・たたみいわし

●大豆製品
木綿豆腐・生揚げ・高野豆腐・がんもどき

■ポイント2 骨のためにとりすぎに注意したいものがあります


●リン
過度の摂取はカルシウムの吸収を阻害します。

●食物繊維
カルシウムを吸収して体外へ排出します。

●ナトリウム
カルシウムの排泄が促進されます。減塩を心がけましょう。

●アルコール
アルコールの摂り過ぎは、カルシウムの吸収を低下させるだけでなく、ビタミンDの働きも悪くします。

■骨とカルシウムの役割について


骨の役割は大きく分けて2つあります。
ひとつは、身体という構造物を支える柱のような役割で、もうひとつはカルシウムの貯蔵庫の役割です。

人の場合、カルシウムの99%は骨に存在します。
残り1%は血液、神経、筋肉などに存在し、血圧や神経の働きを調整したり、血液や体液の状態を一定に保つなど、生命活動に関わる重要な働きをしています。

血液中のカルシウム濃度は一定に保たれていますので、食事中のカルシウムが不足すると、骨から不足分が補われます。
いつも骨からカルシウムが補充されていると、骨のカルシウム量すなわち骨量が減少してしまいます。

(Photo by //www.ashinari.com/2010/04/05-035649.php )

著者: ryoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨に関する記事

骨盤の歪みは万病の元?お手軽骨盤矯正法をこっそり教えます!

女性は出産・育児と骨盤の歪みをまねく生活シーンをたくさん持っています。 骨盤が...

骨盤のゆがみの原因&予防法って?骨盤の歪みで婦人病が…

  骨盤がゆがんでいると、体に様々な問題がでます。 婦人病である腰痛・便秘・下痢...


冷えやむくみなど女性に多い体調トラブルと密接に関係している骨盤…何故骨盤が関係する?

■丸くて広いお椀型女性ホルモンの分泌を行う卵巣や子宮などの臓器を囲っている骨盤。...

骨盤は体の土台!PMSと体のゆがみの関係

骨盤のゆがみは、女性の体に様々な悪影響を与えてしまいます。 PMSもその骨...

カラダノートひろば

骨の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る