カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. >
  5. 六腑の病の反応があらわれる足のツボ~下合穴~

健康診断・健康管理

六腑の病の反応があらわれる足のツボ~下合穴~

 

 

 東洋医学では重要な臓器を五臓六腑と言いますが、その中の六腑の病の反応が出やすい経穴として下合穴があります。

 

経絡の数

腑は陽経、臓は陰経に属しています。

それぞれ手に陰陽3本ずつ、足に陰陽3本ずつ出て、合計で12本あります。

正経12経と言います。

 

 

五行穴・五兪穴

それぞれの経絡には五行(木・火・土・金・水)の性質を持った五行穴という経穴が五つずつあります。

下合穴はその中でも足に流れる3つの経の合穴と、手に流れる陽経の反応が出る経穴を足に求めたものです。

 

 

それぞれの経穴

○足の少陽胆経(の合):陽陵泉(胆経)

下腿外側で、腓骨頭前方の陥凹部です。

 

○手の太陽小腸経(小腸の合):下巨虚(胃経)

膝蓋骨外側と足首の中点の下方一寸に取ります。

 

○足の陽明胃経(の合):足三里(胃経)

腓骨頭直下と脛骨粗面下端との中間部に取ります。

 

○手の陽明大腸経(大腸の合):上巨虚(胃経) 

膝蓋骨外側と足首の 中点の上方2寸に取ります。

 

○足の太陽膀胱経(膀胱の合):委中(膀胱経)

膝を曲げた時に出来る横紋の中点で、膝窩動脈拍動部に取ります。

 

○手の少陽三焦経(三焦の合):委陽(膀胱経) 

委中の外方で、大腿二頭筋腱の内側に取ります。 

 

 

まとめ

東洋医学では悪い所に刺激を与えるのではなく、悪い所に関係のある経絡中の経穴に刺激を入れることで改善を図ろうと言う考え方があります。

腑の調子が悪くなった時には下合穴を刺激してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/14-377247.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

肉体疲労(腎虚症)には復溜を

この現代社会には肉体疲労、疲労困憊している方が多数おられます。その方たちの為によ...

動脈硬化症には~懸鐘~

一見関係ないような場所を刺激して効かすように思われる東洋医学ですが、今回も変わっ...


肝臓にこのツボ!

肝臓は沈黙の臓器と言われるほど、病気などによって機能が低下しても自覚症状があらわ...

筋肉の病気や引きつりには【陽陵泉】

腓骨筋の引きつりで丘墟を紹介していますが、こちらは腓骨筋だけでなく、体全身の引き...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る