カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 対処法 >
  5. 初期の股関節痛には貧乏ゆすりがよい!

関節痛・腰痛

初期の股関節痛には貧乏ゆすりがよい!

 

傍目に見ているとちょっと落ち着かないものの一つが貧乏ゆすりです。
特に貧乏ゆすりで椅子や机にぶつかって音がすると、ますます落ち着かなくなってしまうことも多いですよね。
ですが、そんな貧乏ゆすりが股関節痛に効くと言われているのです。

 

●股関節痛と貧乏ゆすり
貧乏ゆすりは足を揺らす動きのことです。
揺らし方に決まりや法則性はありませんが膝を中心として足全体を揺らす方が多いようです。
この動きが股関節の筋力を強化するのに向いていることがわかりました。
専門的にはジグリングと言います。

 

●ジグリングのやり方
股関節痛に効果がある貧乏ゆすりであるジグリングの具体的なやり方を見ていきます。
普段の貧乏ゆすりとはちょっと違うので意識的に運動として行うことが望ましいです。
まずは椅子に浅すぎず、深すぎず座ります。
片方の足は床につけ、もう片方の足はかかとを床から少し上げます。
かかとが床から離れている方の足で20-30秒間足を上下に貧乏ゆすりします。
終わったら反対側の足でも同じことをします。
これを1セットとして、1日2セット程度行うのが適切です。

 

 

貧乏ゆすりの動きは股関節の筋力をアップさせ、股関節痛の痛みを軽減させる力があることがわかっています。
1回20-30秒、両足で1セット40-60秒を2日2セット行ってみてください。
なお、このジグリングについては重度の股関節痛にはあまり効かないとも言われています。
初期の股関節痛、軽い股関節痛をお持ちの方にお勧めです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/27-370710.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

股関節に痛みを感じたら?

  ずっと座っていた状態から急に立ち上がったときや、普段はしていない運動をその...

テーピングで股関節痛に対処する

  股関節にしてもその他の関節にしても痛みを管理することは治療において重要な点...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る