カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 検査・治療 >
  5. 変形性股関節症のX線検査

関節痛・腰痛

変形性股関節症のX線検査

 

 

股関節痛の原因のひとつに変形性股関節症があります。
変形性ひざ関節症などの仲間で、股関節の痛みのほかに進行すると歩きにくくなるなどの特徴も持っています。

 

●変形性股関節症とX線
股関節の痛みに関してはX線検査が有効と言われています。
X線検査では骨の様子を見ます。
そのなかでも注目したいのが臼蓋形成不全をみることです。
臼蓋とは骨盤の骨のことで大腿骨の上を覆っている骨でもあります。
先天的に臼蓋形成不全が起きている場合があり、臼蓋不全はあっても若年期には問題が出なかったという例もあるのです。
X線検査では大腿骨球からみた臼蓋の角度も割り出せます。
通常は25°以上で、それよりも小さな数字だと問題です。

 

●変形性股関節症だとどうなるの?
変形性股関節症だとX線検査でどんな図が出るかを簡単に説明します。
もっともひどい変形性股関節症では関節軟骨がありません。
軟骨がなくなるだけではなく関節が平たくなるのも末期の変形性股関節症の特徴です。
初期の変形性股関節症では一部の骨が白っぽく映るのが特徴です。
これはその骨に負荷がかかっていることを指しています。
末期の変形性股関節症では歩くのもつらいですが、初期の変形性股関節症であれば痛みはそれほど強くありません。

 

●ほかの検査は?
X線検査の他にも変形性股関節症の検査の方法はあります。
MRI検査や血液検査などです。

 

変形性股関節症の症状を見るのに有効なのがX線検査です。
X線検査では臼蓋形成不全を見つけたり、骨にかかる負荷を確認したりできます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/10/22/26/bethesda-naval-hospital-80363_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

あなたはどっち派?ウォーキングとプール歩行の比較

  変形性股関節症と診断されると、進行を遅らせるために、保存療法がおこなわれま...

変形性股関節症の手術のリスクとは

  変形性股関節症は初期のうちは手術を勧められることはそれほど多くはありません...


股関節を守るための運動療法

  変形性股関節症治療では、最初の治療として保存療法という方法がとられます。保...

変形性股関節症の保存療法と手術療法

  変形性股関節症や変形性膝関節症の治療には保存療法と手術療法があり、これらの...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る