カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 検査・治療 >
  5. 変形性股関節症の保存療法と手術療法

関節痛・腰痛

変形性股関節症の保存療法と手術療法

 

変形性股関節症や変形性膝関節症の治療には保存療法と手術療法があり、これらの治療法を上手に取り入れながら症状を改善していきます。

 

●保存療法とは
保存療法とは変形性股関節症をこれ以上悪化させないための方法です。
関節への負担を軽減するために杖を使ったり、適度な運動をすることで症状を抑えておきます。
また、今までの歩き方や暮らし方を見直すのも保存療法として有効です。
癖となっていた姿勢を変えるだけで変形性股関節症の進行度合いが遅くなる場合もあるからです。
また、薬物療法として薬を使用することもあります。
鎮痛剤の使用は医師の指示に従って行います。
あまり鎮痛剤に頼りすぎずに暮らすことも重要です。

 

●手術療法とは
変形性股関節症の手術療法には自分の骨を使った手術と人工股関節を使った手術があります。
自分の骨を使った手術には股関節鏡手術や骨きり術と細かい分類もあります。
自分の骨を使った手術にしても人工股関節を使った手術にしても入院期間は1か月程度で、その後リハビリも行わなければなりません。
手術後の経過は人それぞれで、絶対によくなるという保証はありませんが信頼できる医師に手術してもらい、生活が送りやすくなったという方も多いです。

 

変形性股関節症の治療の基本となっているのが保存療法と手術療法です。
保存療法では症状を進行させないための運動や日常動作、薬物による痛みの緩和があり、手術療法には自分の骨を使った手術と人工股関節を使った手術があります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/09/04/15/doctor-79579_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

正しく理解して行う!保存療法という治療法

  変形性股関節症の治療は大きく分けて保存療法と手術療法の2つの治療方法にわけ...

変形性股関節症の手術のリスクとは

  変形性股関節症は初期のうちは手術を勧められることはそれほど多くはありません...


股関節を守るための運動療法

  変形性股関節症治療では、最初の治療として保存療法という方法がとられます。保...

変形性股関節症のX線検査

    股関節痛の原因のひとつに変形性股関節症があります。変形性ひざ関節症な...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る