カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 変形性股関節症の人におすすめの靴とは?日常生活で予防のために気をつけること

関節痛・腰痛

変形性股関節症の人におすすめの靴とは?日常生活で予防のために気をつけること

 

変形性股関節症の方は普段の生活の中でも出来るだけ股関節、そこから伸びている足に負担を与えないことが重要です。

そこで、変形性股関節症の方の靴選びについて紹介します。

 

●かかとは硬めがベスト

変形性股関節症の方の場合、靴のかかとは硬い方が良いと言われています。

靴のかかと部分が柔らかいと、股関節に衝撃が伝わりやすくなり、症状が悪化してしまう可能性があるからです。

最近では、かかとが柔らかいタイプの運動靴なども販売されていますが股関節のことを考えるならかかとは硬めの靴が良いです。

 

●両足の長さを揃えられる靴

変形性股関節症の方の中には足の長さが違うという方もいます。

同じ高さの靴を履いていると長い方の足が受けるダメージが大きくなってしまうので、両足の長さを揃えられるように補高したり、インソールを入れるのがおすすめです。

インソールの場合は取出して外せるものも多いので、靴を買い換えた時にも使えるというメリットがあります。

 

●専門店もチェック

変形性股関節症や変形性膝関節症の方向けの専門店もあります。

もしくはシューズブランドでこれらの疾患を持つ方向けのシリーズを展開していることもあるので、靴について相談してみるのもおすすめの方法の一つです。

 

変形性股関節症の方が靴選びをする上で注意したいのはかかとの硬さと足の長さを揃えられるかどうかということです。

かかとは硬い方がよく、両足の長さを揃える補高やインソールは変形性股関節症の患者には必須と言えます。

 

股関節に余計な負担をかけないために

日々の暮らしの中で股関節を使わないということはありません。股関節は上半身と下半身の結合部分で、下半身の動きを支えている部分ですから、股関節に痛みを感じている場合は、適切に股関節周辺の筋肉を強化していくとともに、日常の身体活動によって股関節の負担を蓄積しないようにすることが大切です。

 

日ごろの股関節の運動をサポートする方法はいくつかあります。

 

テーピング

テーピングは筋肉の動きを助けるために行うものです。股関節に痛みがある場合、自分で周辺の筋肉を動かしづらく、また、誤った動かし方をしていてスムーズに動かせないことがあります。そういった場合にテーピングは有効です。

テーピングをする際はその貼り方が非常に重要です。生兵法で行うと逆に筋肉の動きを阻害することもありますから、自分でも正しく行えるように、最初は専門家の指示を仰いでください。いざテーピングを自分で貼るときも、貼っている場所だけを気にするのではなく、骨格や筋肉、腱の流れを確認しながら貼り方を覚え、自分でもできるようにしましょう。

 

杖や歩行器

もしかしたら杖や歩行器を使うことは抵抗を感じるかもしれません。しかし杖や歩行器の使用は股関節に余計な負担をかけないためには有効な手段です。

さらに、これらを使用していると他人から見て体に不具合があることが分かりやすいため、歩いていて人に少しぶつかるなどのちょっとした危険が回避できるという面もあります。歩行がつらいときは小さな子供にぶつかるだけでもひやひやしてしまいますから、出かける場所によっては杖や歩行器を選択してもよいかもしれません。

 

日ごろのちょっとした負担を減らすことが、股関節の痛みを取り除き、ひいては病気の進行を遅らせることもあります。これくらいなら平気と我慢せずに、股関節を労わるようにしましょう。

 

日常生活の中にも!股関節に負担をかける動作って?

生活の中の身体活動が股関節の摩耗に影響を与えていることは多くあります。立ち方や座り方、歩き方にだけ気をつけていても、ふとした瞬間の動きで股関節に負荷をかけることもありますので、慎重な予測と十分な注意が必要です。

 

顔を洗うとき

洗面所で顔を洗う際は必ず前かがみになると思います。前かがみの状態というのは非常にアンバランスな状態です。傾いた上体を骨盤から下で支えなければならないのですから、思っている以上に股関節に負荷がかかります。洗顔となるとその状態を数秒維持しなければなりませんし、うがいをするにしても、前かがみの状態を短い間に繰り返すことになります。

 

服を着替えるとき

服を着替えるときも、上体をひねったり、体をそらしたりと、体の傾きが不安定になりがちです。股関節に痛みがある場合は靴下をはじめとして、下の着衣を身につけるときには気を使って座りながら行う意識がありますが、上半身となるとついそのままの状態で着替えてしまいます。しかし顔を洗うときと同様に、上半身のバランスが崩れるとそれを支えるのは股関節をはじめとする下半身ですので、当然負担がかかります。

 

椅子に座って

これらの場合どうすればよいのかというと、椅子を用意しておいて、それに座った状態で洗顔や着替えを行うというのが一つの方法です。しかし、洗顔時などは無理をしなくても届くくらいの高さの椅子でなければいけません。

 

股関節は常に使っている部分ですから、気を抜いて動いたときが一番危険です。まずは自分の生活の中で、股関節に負担をかけるような場面がないか探してみましょう。

 

悪化させない!日常動作から股関節痛を予防しよう

既に股関節痛がある場合、動きによって痛みがひどくなります。痛みと悪化を予防するため、気を付けたい日常動作をまとめました。

 

急な動きを避ける

素早い動きは、股関節にかかる負荷が大きくなります。ゆっくり立ち上がって歩く、静かに座ることを心がけてください。

 

捻る動作は要注意

下半身をひねると、股関節の痛みが増します。

ベッドから起き上がる際には、ゆっくり両足をベッドからおろし、体を両手で支えてから起き上がります。立位で振り返る際には、上半身だけ捻るのではなく、体全体でゆっくり振り返ります。

下着やズボンの着脱は、椅子に座りながら行いましょう。

 

姿勢を正す

体の左右どちらかに重心が偏ると、負担が大きい側の股関節が痛みます。立位は肩幅に足を開き、体重が両足にかかるようにします。

足を組んで座る、荷物をいつも同じ側の手で持つ、猫背で歩くのは、避けてください。

 

長時間同じ体勢をとらない

同じ体勢をとり続けると、股関節周辺の筋肉が著しく緊張して痛みます。

座り仕事、立ち仕事の時は、定期的に体勢を変え、軽いストレッチなどを取り入れましょう。

 

冷やさない

冷えによる血行不良は、股関節痛を悪化させます。

靴下などで下半身の冷えを防ぎましょう。冬は股関節痛がひどくなりやすい季節です。スカートなら、下に温かい素材の下着やレギンスを身につけましょう。

 

キツく締め付け感のあるタイツは血行を阻害するので逆効果です。お風呂にゆっくり浸かると、痛みが緩和します。

 

痛みが出ないよう気を付けることで、股関節痛の悪化も防げます。

 

生活習慣が原因の股関節痛!日常のささいな動作に気をつけて!

股関節痛を招きやすい生活習慣、知らず知らずのうちにやっていませんか?

日常のささいな動作に気を付けるだけでも、股関節痛を緩和できるかもしれません。

 

「股関節痛=骨が原因」とは限らない

股関節痛の中には、骨が変形したり軟骨がすり減っておこるものもあります。

しかし、高齢者や激しいスポーツを日常的に行う人でなければ、必ずしも骨に問題があるとは限りません。

股関節周辺の筋肉に負担がかかり、緊張しているために痛むケースもあります。

生活習慣の中に、筋肉を緊張させる要因が潜んでいます。

 

股関節痛につながる生活習慣

まず、姿勢は大きな要因です。

猫背、足を組んで椅子に座る、床に横座りをする、立った時に左右どちらかの足に重心をかけるなど、無意識にとる姿勢が股関節痛を引き起こします。

 

長時間同じ体勢も、股関節痛につながります。

長時間の立ち仕事、車の長距離運転、長時間の座り仕事が危険です。長時間椅子に座ってPC作業をする人は前かがみになりやすく、股関節痛の予備軍です。

 

腰痛やひざ痛を患い、その痛みをかばうような体勢、歩き方をする人は、股関節にかかる負担が偏り、痛みを生じやすくなります。鞄や荷物をいつも同じ側の手で持つ、肩にかける人も、偏った力がかかっています。

靴底が左右どちらかだけすり減っているなら、偏った姿勢を取っている可能性があります。

 

これらの生活習慣が長期にわたると、股関節周辺の筋肉が緊張し、股関節の可動域が狭まります。姿勢の癖は早目に直しましょう。

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/27/09/30/shoes-107401_640.jpg?i])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

股関節に余計な負担をかけないために

  日々の暮らしの中で股関節を使わないということはありません。股関節は上半身と...

股関節痛の人が気を付けたい『座り方』 効果のあるウォーキングやストレッチの仕方とは

股関節と特に関係が深いのは、座るという姿勢です。   日常の中でもテレビ...


日常生活の中にも!股関節に負担をかける動作って?

  生活の中の身体活動が股関節の摩耗に影響を与えていることは多くあります。立ち...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る