カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 変形性股関節症の人におすすめの靴とは

関節痛・腰痛

変形性股関節症の人におすすめの靴とは

 

変形性股関節症の方は普段の生活の中でも出来るだけ股関節、そこから伸びている足に負担を与えないことが重要です。
そこで、変形性股関節症の方の靴選びについて紹介します。

 

●かかとは硬めがベスト
変形性股関節症の方の場合、靴のかかとは硬い方が良いと言われています。
靴のかかと部分が柔らかいと、股関節に衝撃が伝わりやすくなり、症状が悪化してしまう可能性があるからです。
最近では、かかとが柔らかいタイプの運動靴なども販売されていますが股関節のことを考えるならかかとは硬めの靴が良いです。

 

●両足の長さを揃えられる靴
変形性股関節症の方の中には足の長さが違うという方もいます。
同じ高さの靴を履いていると長い方の足が受けるダメージが大きくなってしまうので、両足の長さを揃えられるように補高したり、インソールを入れるのがおすすめです。
インソールの場合は取出して外せるものも多いので、靴を買い換えた時にも使えるというメリットがあります。

 

●専門店もチェック
変形性股関節症や変形性膝関節症の方向けの専門店もあります。
もしくはシューズブランドでこれらの疾患を持つ方向けのシリーズを展開していることもあるので、靴について相談してみるのもおすすめの方法の一つです。

 

変形性股関節症の方が靴選びをする上で注意したいのはかかとの硬さと足の長さを揃えられるかどうかということです。
かかとは硬い方がよく、両足の長さを揃える補高やインソールは変形性股関節症の患者には必須と言えます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/27/09/30/shoes-107401_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

普段の姿勢を意識してみよう

  正しい姿勢でいることは体全体のバランスが良くなることで股関節への負担も軽減...

股関節痛の人が気を付けたい『座り方』

股関節と特に関係が深いのは、座るという姿勢です。   日常の中でもテレビを見て...


起きる・立つ・座る!それぞれの注意点

  座っていても、立っていても、歩いていても、何をしていても使用しているのが股...

自分に合った杖の選び方と杖の使い方

  変形性股関節症の方の装具と言えば杖があります。杖を使うなんて年を取った...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る