カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

健康診断・健康管理

排便習慣は大切!

  

あれ? 今日、トイレに行ったっけ?

もしかしたら……もう3日以上、便意をもよおしてないかも?!

 

そんな心当たりがあったら要注意です。
下痢や便秘は、ストレスの多い現代社会において、避けては通れない問題のひとつとなっています。

 

◆便秘になりやすい原因

 

*不規則な生活

体内の微妙なバランスを左右しているものに自律神経があります。

自律神経は実にデリケートで、睡眠不足や、僅かな日常生活の生活リズムが崩れる事で乱れがちになります。

 

*食物繊維の少ない食生活

便とはご存知の通り食事をした後のゴミのようなものです。食物繊維は便の容量を増し、腸壁に付いた細かいゴミを絡め取り、腸の蠕動運動で外に排出してくれる働きをしてくれます。食物繊維が少なく、脂肪の多い食事は、そんな腸の動きを阻害してしまいます。

 

*排便のタイミングがあわず、排便機能が麻痺してしまう
便意を感じているにも関わらず、忙しくて時間がなかったり、移動だったりすると排便することが出来ません。排泄できない状態が習慣的に続くと、排便のサイクルが乱れます。そうなると、腸に便が溜まっていても、排泄しなさいというシグナルが鈍ってしまうため、次第に便意が感じにくくなって便秘を引き起こしてしまうのです。これを機能性便秘と呼びます。時間が拘束されてしまう職業の女性に、特に多いと言われています。

 

 


逆に、過度のストレスによって胃や腸が過度な蠕動運動を起こし、定期的に下痢を繰り返してしまうこともあります。
毎日の快適な排便というのは、現代社会では以外に難しい事なのかもしれません。

 

 

特に今、気をつけなくてはいけないのが、ストレスや食生活の乱れなどが原因ではなく、病気によって引き起こされる便秘です。

 

 

腸ねん転

 急性の症候性便秘の一つで、腸が捩れて動かなくなってしまうもの


*腸閉塞

 腸の中に便が溜まったままの状態で、腸が部分的に細くなったりして便が詰まってしまうもの。激しい腹痛と嘔吐、発熱などの症状を伴う場合があります。

 

 

以上の場合は、早急に病院で治療を受ける必要があります。

放っておくと腸が壊死を起したりして、最悪死亡に至るケースもありますので要注意です。

 


その他、慢性の症候性便秘が続くと……。

 

 

*大腸がん
*ポリープ
*大腸憩室炎
*痔核

 

などの原因にもなるので、日頃の排便コントロールには気をつけなければいけません。いつも2~3日は便が出ないから、このぐらいは平気……というように、安易に考えてはいませんか?

 

便秘と言っても決して侮れないのです。
そういう意味でも、日頃から、排便の有無や正常などを記録しておくのはとても大切です。
  

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/01/16-012764.php)

 

 

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お通じ記録に関する記事

排便日誌って何?排便ケアのためにやってみよう!

  排便日誌は排便ケアを進めていく上で非常に役に立つ記録であるとともに、ケアカ...

長年便秘に悩んできた方必見!頑固な便秘を改善するための4つのポイント

  慢性的な便秘でお悩みの方は食事療法がおすすめです。偏った食事を避け、バ...


お通じ記録で食生活の改善と便秘解消!便をチェックして健康管理

    便秘解消の意識改革と食生活改善にお通じ記録を活用しよう!   女...

あなたの便秘対策、間違ってるかも!?正しい改善方法を知っておなかスッキリ!

毎日お通じがないとすっきりしない。だから、便秘対策のために、自分はこんなことを...

カラダノートひろば

お通じ記録の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る