カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 高齢者向け住宅 >
  5. 老人ホームとはちょっと違う?新制度・サービス付き高齢者向け住宅とは?

介護・認知症

老人ホームとはちょっと違う?新制度・サービス付き高齢者向け住宅とは?

2011年から始まった、サービス付き高齢者向け住宅についてまとめました。

 

 

概要

定義があいまいな高齢者向け住宅と違うのは、設備や面積に基準があること。さらに、毎日の安否確認と生活相談のサービスを提供が義務づけられています。これらのサービスを担う専門家が、施設内に常駐(日中)している必要があります。

これらの条件を満たしたものだけが、サービス付き高齢者向け住宅として登録されます。

サービスは付いているものの、賃貸住宅の契約と同じだと考えて差し支えありません。

入居条件は、60歳以上の人です。

 

メリット

基本の考え方は高齢者向け住宅なので、施設のように1日の行動内容が決められることはありません。

年をとってもマイペースで過ごしたい、でも安心感が欲しい、という高齢者にはぴったりです。

住居に対する権利が保証されているので、施設の都合によって部屋を移される心配がないのも大きなポイントです。

入居には、通常の賃貸住宅のように敷金などが必要になりますが、高額な一時金を支払う有料老人ホームに比べれば、かなり経済的です。

 

 

注意点

安否確認と生活相談のサービスは義務付けられていますが、それ以外のサービスは施設によって異なります。

介護や生活支援を提供したり、併設の施設でサービスを受けられるところもあるので、事前確認が欠かせません。医療サービスも付いていません。

いざという時、要介護になったらどうするかを想定しましょう。

 

 

契約方法も、普通建物賃貸借契約の他、終身建物賃貸借契約・定期借家契約・利用権契約の4パターンがあります。

必要なサービスを備えているか?契約法は?という点を、チェックしてください。

 

 

(photo://www.ashinari.com/2013/01/10-374943.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

高齢者向け住宅に関する記事

「サービス付き高齢者向け住宅」で退去が必要になる要因って?

  終の住処として、サービス付き高齢者向け住宅への入居を考えている人もいる...

サービス付き高齢者向け住宅の認知症対応ってどんな感じ?

  認知症の高齢者を介護する家族にとって、「入所できる施設があるのか?」と...


費用や立地など…サービス付き高齢者向け住宅選びのポイント

  安心して暮らすためのサービス付き高齢者向け住宅を見つけるためには、細か...

介護保険は利用できない?サービス付き高齢者向け住宅の費用

  比較的新しい制度のサービス付き高齢者向け住宅は、利用料の仕組みも他の高...

カラダノートひろば

高齢者向け住宅の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る