カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. ケアハウス >
  5. トラブルを避けて、より良いケアハウスを選ぶポイントとは?

介護・認知症

トラブルを避けて、より良いケアハウスを選ぶポイントとは?

ケアハウスを選ぶにあたり、事前に確認したいポイントを挙げます。

 

生活の自由度・サービス内容

ケアハウスを大雑把にいうと、生活支援付きの住居です。

この「生活支援」が食事サービス・生活相談のみというケアハウスでは、自由度の高い過ごし方ができます。

プライベートを守り、気ままに過ごしたい人に向いているでしょう。

 

一方、レクリエーションや季節の行事を積極的に行うケアハウスもあります。

他の入所者と接する機会が自然と増えるので、話し相手が欲しい、賑やかに過ごしたいなら、このようなタイプのケアハウスがお勧めです。

 

ケアハウスによってかなり差が出る部分なので、利用者の性格に合ったタイプを選ぶことが肝心です。

 

 

退所を求められるケース

介護型のケアハウスを除けば、ある程度の身の回りの世話は自分でしなければなりません。

どの程度、介護が必要になったら退所しなくてはならないのか、どこまで身の回りの事を自分でできなくてはならないのか、というラインを確認しておきましょう。

ケアハウスによっては、「○○ができなくなったら、退所を求める」という条件があります。

突然、退所を求められて慌てないよう、ケアハウスの方針は要チェックです。

入所時、既に自立した生活が難しくなってきているなら、介護型のケアハウスを選ぶと良いでしょう。

入居一時金が必要なケアハウスでは、退所時にトラブルにならないよう、返金についても尋ねてください。

 

相性の良いケアハウスで長く暮らし続けるためには、以上のポイントが大切です。

 

 

 

(photo://www.flickr.com/photos/fukagawa/1356330714/sizes/m/in/photostream/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケアハウスに関する記事

軽費老人ホームって種類がたくさんあるけど、どこが違うの?

    軽費老人ホームは、社会福祉法に定められた福祉施設です。ケアハウスとも...

一般型と介護型はどう違う?ケアハウス(軽費老人ホームC型)でかかる費用

    ケアハウス(軽費老人ホームC型)の費用やその他に必要な料金はどのくら...


参考にしよう! 民間のケアハウスの申し込みから入所までの流れ

  近年、施設数が増えている民間のケアハウスに入所するまでの流れをまとめま...

介護が必要になってもケアハウスで暮らすには?ケアハウスの大きなメリット

ケアハウスで生活をしている人が、要介護状態になった場合について説明します。  ...

カラダノートひろば

ケアハウスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る