カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 症状 >
  5. 中年のメタボ男性は要注意!睡眠時無呼吸症候群について

不眠・睡眠障害

中年のメタボ男性は要注意!睡眠時無呼吸症候群について

a0002_000265.jpg

睡眠時無呼吸症候群(ピックウィック症候群)


睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が一時的に停止するために起こる症候群です。
中年の肥満の男性に多く見られ、ピックウィック症候群ともいいます。

中枢性、閉塞性、混合性と、3つの睡眠時無呼吸症候群があります。
中枢性の睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸を調節する神経がうまく働かないために起こります。脳に障害があるために起こりますが、正常な人でも起こる場合があります。大きないびきがないことが特徴です。

閉塞性の無呼吸症候群では、肥満や扁桃腺肥大などによって睡眠中にのど(気道)が閉塞することで起こります。
肥満による脂肪や肥大した扁桃腺によって呼吸が邪魔されることで大きないびきとなり、完全に閉塞してしまうと無呼吸になります。

中枢性と生息井蛙一緒になったものが混合性です。
実際には、閉塞性と混合性が多いといわれます。

無呼吸は10秒~1分以上続き、一時的な酸素不足に陥ります。
無呼吸の後は普通の呼吸に戻りますが、これを繰り返します。
無呼吸の回数が多くなると、睡眠が障害されて、朝起きても熟睡感が乏しく、疲れがとれない感じがします。

また、睡眠不足のために、日中、眠気がひどくなります。不整脈やうっ血性心不全の原因ともなります。
肥満が原因の場合は減量します。


気になるいびきは耳鼻咽喉科科で検査を


疲労時や飲酒の後は、のどの筋肉が緩んで上気道が狭くなるので、ふだんいびきをかかない人もかきやすくなります。

いびきは、規則正しいリズムで起こっている場合は問題ありません。
しかし、なんらかの理由で狭くなった気道にむりやり空気を通そうとするときに起こる、呼吸の乱れをともなういびきは注意が必要です。代表的なものは、一時的に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群です。

いびきの原因として大きな割合を占めるのは肥満ですが、鼻やのどの慢性の疾患、下顎が小さい、下の根元が大きいなどの耳鼻咽喉科の領域に原因があることも多いようです。

いびきは自分ではわかりませんが、人に指摘されるようでしたら、耳鼻咽喉科を受診し、原因を突き止めた方が良いでしょう。
原因がとくにないのにいびきが大きい人は、いびき外来を受診しましょう。


(photo by //www.ashinari.com/2008/06/18-004808.php )

著者: くみんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

いびきにもいろいろある!?「単純いびき症」と「睡眠時無呼吸症候群」の違いは?

いびきにはいろいろありますが、「睡眠時無呼吸症候群」ではなく「単純いびき症」...

息苦しくて目覚める!こんな時は睡眠時無呼吸症候群を疑おう

「自分のいびきで夜中に起きてしまう!」そんな強烈ないびき、実は笑い話ではない...


寝ている時の呼吸が止まる!いびきは睡眠時無呼吸症候群が原因?

いびきは大きな音で周囲を困らせてしまうだけでなく、自分自身にとっても見逃してはな...

重大事故を招くこともある!?「睡眠時無呼吸症候群」運転や事故との関係について

いびきの症状がしられている「睡眠時無呼吸症候群」ですが、自分だけでなく、他人...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る