カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 特別養護老人ホーム >
  5. 特養って聞いたことある?特別養護老人ホームについて-基礎知識編-

介護・認知症

特養って聞いたことある?特別養護老人ホームについて-基礎知識編-

 「特養」「特養ホーム」とも呼ばれる、特別養護老人ホームについて説明します。

 

 

特別養護老人ホームの概要

主に自治体や社会福祉法人が設置する施設で、常時介護を要する65歳以上(例外あり)の高齢者を対象にしています。

「常時介護を要する」とは、日常生活を独立して送ることが難しい人、認知症の人、寝たきりの人などです。比較的、介護度が高い人が入所しています。

生活援助から介護サービスまで、生活全般を支援する施設です。

 

入所の可否を決めるのは、居住している自治体です。非常に需要が高く、常に数百人単位の順番待ちがあるというのも珍しくありません。

 

 

主な入所基準

・65歳以上(ただし、60歳前後で若年性認知症や著しい衰弱がある場合は、入所が認められる例外もあります)

・要介護認定を受けている

・伝染性の病気を有していない

・自宅介護が困難で、入所の必要性が高い

 

自治体ごとに独自の入所要件を設けていることも多いので、居住する自治体の窓口に問い合わせてください。

 

 

費用(1ケ月あたりの目安)

月額利用料は、介護度・部屋のタイプ・施設によって異なります。

相部屋(多床室)では7万円台~、個室では9万円台~が一般的です。

内訳は、賃料(家賃)・食費・介護度に応じた介護保険1割負担額・雑費などです。

 

最近は、よりプライバシーを守り、住環境を考慮した「ユニット型」という居室が人気です。

ユニット型では、賃料が従来の居室よりも数万円高くなります。

月額の利用料は、ユニット準個室で11万円台~、ユニット個室で12万円台~が目安です。

 

有料老人ホームのような入居一時金は不要です。また、負担額は利用者本人や扶養義務がある家族の収入でも変わります。

 

 

入所要件・費用など、分かりにくい部分もあります。自治体の福祉窓口・ケアマネージャーに相談しましょう。

 

 

 

(photo://www.ashinari.com/2011/07/23-348580.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

特別養護老人ホームに関する記事

いつ入れる?特別養護老人ホーム(特養)の入所選定基準

 全国で約35万~40万人の入所待ちが出ている特別養護老人ホーム。 施設単...

特養って聞いたことある?特別養護老人ホームについて-入所方法編-

 特別養護老人ホームの申込から入所までの流れを、大まかにまとめました。  ...


老人短期入所運営やデイサービス…介護サービスを利用しよう!

  特別養護老人ホームは誰でも入所できるわけではありません。介護が困難な人から...

人気があるユニットタイプの部屋のメリット・デメリットとは!?

  特別養護老人ホームの月額料金は、利用する部屋のタイプによって大きく異なりま...

カラダノートひろば

特別養護老人ホームの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る