カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 特別養護老人ホーム >
  5. 特養って聞いたことある?特別養護老人ホームについて-入所方法編-

介護・認知症

特養って聞いたことある?特別養護老人ホームについて-入所方法編-

 特別養護老人ホームの申込から入所までの流れを、大まかにまとめました。

 

 

入所申込

本人(要介護者)か親族が、入所を希望する施設に申込書を提出します。

申し込める親族に制限を設けている施設もあります。申込書は、自治体の窓口などで配布しています。

 

申込書には、氏名・住所・生年月日・年金の種別・障がい手帳の有無・要介護度・担当ケアマネージャーの連絡先などを記入します。

要介護者の状態を把握するため、食事・排せつ・入浴・着替え・歩行・認知症の有無などの項目別に、詳細な質問が並んでいます。介護する家族の状況を記入する欄もあります。

これらが、入所順位の判定を左右するため、漏れが無いように記入してください。

申込書の他に、介護保険被保険者証・直近3ヶ月分の在宅サービス利用票(写し)なども添える必要があります。

 

 

入所順位の判定

申込書をもとに、入所審査委員会(入所判定員会)が入所順位を決めます。入所順位は申込者に通知され、施設の入所順位名簿に反映されます。

入所を待っている間に介護度が進んだり、介護する家族の状況も変化するため、施設から定期的に状況確認があります。その結果、入所順位が前後する場合もあります。

 

 

意思確認・入所契約

施設に空きが出て、順番が回ってくると施設から連絡が来て入所意思を確認されます。その後、契約して入所となります。

 

大まかな流れはどこも共通ですが、自治体や施設によって違う部分もあるので、申込む際に窓口で確認してください。

 

 

 

(photo://www.ashinari.com/2009/11/27-030785.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

特別養護老人ホームに関する記事

老人短期入所運営事業とは?特別養護老人ホームの支援的事業

  特別養護老人ホームでは家庭で介護を受けているお年寄りの方に対してさまざまな...

人気があるユニットタイプの部屋のメリット・デメリットとは!?

  特別養護老人ホームの月額料金は、利用する部屋のタイプによって大きく異なりま...


老人短期入所運営やデイサービス…介護サービスを利用しよう!

  特別養護老人ホームは誰でも入所できるわけではありません。介護が困難な人から...

特養って聞いたことある?特別養護老人ホームについて-基礎知識編-

 「特養」「特養ホーム」とも呼ばれる、特別養護老人ホームについて説明します。...

カラダノートひろば

特別養護老人ホームの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る