カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. 変形性股関節症のリハビリの方法

関節痛・腰痛

変形性股関節症のリハビリの方法

 

変形性股関節症の症状を悪化させないために、また変形性股関節症の手術後の回復のためにリハビリが行われることもあります。

 

●リハビリ=運動
股関節のリハビリでは運動を主に行います。
運動して筋肉を鍛えることによって、股関節をしっかりと支えます。
股関節のずれが起きないように筋肉で囲んでいる、土台をつくっているというイメージです。
最初のうちは運動が大変なこともありますので、無理せずに自分のできる範囲から行っていきましょう。

 

●リハビリの期間は?
変形性股関節症の手術をした場合のリハビリ期間はおよそ2カ月と言われています。
早い方であれば1か月程度で終わることもありますが、2-3日で終了するということはありません。
最低でも1か月は時間をかけてリハビリしていきます。

 

●どんなことをするの?
具体的なリハビリの方法ですが内転、外転、伸展という言葉があります。
外転は体を体の中心から遠ざける運動、内転は体を体の中心に近づける運動、伸展は関節の角度を大きくする運動です。
股関節の外転、内転、伸展運動の場合には足を使います。
大腿筋や内転筋を効果的に鍛えて股関節を支えることが出来るからです。
立って行うタイプの運動が多いのも変形性股関節症のリハビリのひとつの特徴です。

 

変形性股関節症のリハビリは運動を中心として1-2か月行われます。
立って足を動かすタイプの運動で効果的に筋肉を鍛え、股関節を支えるのが目的です。
リハビリは無理せず行うことが大切です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/05/25/17/02/woman-113609_640.jpg?i
])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

股関節に関する記事

悪化させない!日常動作から股関節痛を予防しよう

  既に股関節痛がある場合、動きによって痛みがひどくなります。痛みと悪化を...

股関節の可動域を改善する!ストレッチ方法

  股関節の痛みがある場合、可動域の改善方法の一つとしてストレッチをすることが...


股関節に優しいウォーキングの仕方

  股関節に痛みがあると動くこと自体が億劫になり、つい歩くことを嫌ってしまった...

股関節周辺に違和感を感じたら

■違和感を感じたらすぐに対処を 人の身体で最も重要な関節と言える股関節周辺に違...

カラダノートひろば

股関節の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る