カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 股関節 >
  4. リハビリ(股関節) >
  5. プロのサポートと家族のサポートの必要性

関節痛・腰痛

プロのサポートと家族のサポートの必要性

 

変形性股関節症の手術後、もしくは症状を悪化させないためのリハビリは場合によっては長期間にわたることもあります。
手術後のリハビリは一般的に1-2か月ですが、症状を悪化させないための日常的リハビリはそれよりも長期間続ける傾向があります。
そこで必要なのがプロのサポート、そして家族のサポートです。

 

●プロが出来るサポート
リハビリのプロと言えば理学療法士に代表される療法士です。
医師との連携をとりながら適切なリハビリプランを組む、リハビリプランに沿って適切な動きを指導してくれます。
療法士のサポートは変形性股関節症のリハビリをする上では欠かせないサポートであると言えます。
リハビリの基本といっても過言ではありません。
もちろん、リハビリの進度は人それぞれですからプランを中途で適宜変更することもあります。

 

●家族が出来るサポート
変形性股関節症の手術後もしくは症状を悪化させないためのリハビリでは家族のサポートが活躍することも多いです。
特に手術後のリハビリによく見られる傾向ですが、思ったように体が動かせずイライラすることがあります。
自分の体が自分の思い通りにならないことは想像以上のストレスです。
メンタルケアをしてくれるプロもいますが、家族の力で心理的ストレスと上手に向き合えたという方も多いです。
変形性股関節症の患者を家族に持っている方はご自身に無理のない範囲で患者のメンタル面での支えになってあげてください。

 

変形性股関節症のリハビリを支える基本となるのはプロの力ですが、メンタル面で家族のサポートが必要な場合もあります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/27/15/35/baby-17342_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

リハビリ(股関節)に関する記事

リハビリ中の脱臼には要注意!

  変形性股関節症のリハビリは平均で1-2カ月行います。無理のない範囲で行うリ...

ストレッチによる改善効果

  股関節の痛みで、病院で診察を受けるとリハビリとしてストレッチをすすめられる...


股関節の可動域を改善する!ストレッチ方法

  股関節の痛みがある場合、可動域の改善方法の一つとしてストレッチをすることが...

股関節を柔らかくするための3つの運動

  股関節の筋肉が運動不足などによってかたくなっているために、股関節の動きが悪...

カラダノートひろば

リハビリ(股関節)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る