カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 日中眠い >
  4. 不眠で眠れず…オフィスでうとうと!どうしたらいい?

不眠・睡眠障害

不眠で眠れず…オフィスでうとうと!どうしたらいい?

a0002_005908.jpg
不眠で眠れず…オフィスでうとうと…休日ならまだしも、会社でそれはちょっとまずいですよね。
ビジネスマンといってもいろいろ職種がありますが、オフィスでのデスクワークが中心だという人は多いのではないでしょうか。PCの前で同じ姿勢のまま作業を続けていると、どうしても肩こりや首、腰の痛みを抱えてしまうでしょう。
睡眠の質と仕事のパフォーマンスを高めましょう。
 

仕事中に眠気に襲われたら…

ビジネスマンの眠りの悩みといえば、眠気。
昼食後に眠くなるのは動物的な反応なので仕方ないところもありますが、それ以外の眠気は前の晩またはそれ以前の眠りに原因があるケースがほとんどです。
そんな時は体にたまった疲労物質を洗い流すエクササイズをしてみませんか?
 
1. 肩幅より少し広く脚を開き、ゆったりとした姿勢で立つ
2. 腰を前後左右に回転するように揺らしていき、その動きを腕・脚・頭に伝える
 
自分の中の液体をちゃぽちゃぽと揺らすイメージで動かすのがコツです。
頭がスッキリして眠気が飛んでいくはずです。
 

デスクで深く短い仮眠をとる

「仕事中の眠気があまりにもひどい…」
そんなときは、思い切って10~15分の仮眠をとるのがオススメです。
効率が上がらないままダラダラ作業し、その晩の睡眠の質が低下し、翌日の仕事の効率がダウンする悪循環より、仮眠を少しでもとるほうが効率的です。
 

これがオススメ!

・机に突っ伏して眠る。クッションを用意すれば、肩や首が疲れません
・目を閉じてゆっくり呼吸をしながらボディスキャニングをすれば、短時間で深く休息することができます。
 

◆理想の座り方

椅子の高さは太腿が水平になる高さが基準。
背もたれのところに厚さ5cm弱のクッションを入れると、楽に自然な座り姿勢がとれます。高すぎる場合は足元にクッションを。
椅子が低すぎる場合はお尻の下にクッションを入れて調節しましょう。
 
座り姿勢では、お尻が「立ち姿勢の時の足」の役割を果たします。
かかとにあたるのが坐骨。お尻の上に腰・お腹・胸・肩・首・頭と、「だるま落とし」を積んでいくようなイメージで座りましょう。
 
「座り方」の改善は「睡眠の質」の改善にもつながり、腰や背中の負担も少なくなります。

(Photo by:足成)

著者: くみんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日中眠いに関する記事

徹夜のお供、コーヒー…実はカフェインの取り過ぎは逆に眠気を誘う!?

眠気解消のお伴といえばコーヒーという方も多いのではないでしょうか。コーヒーに含...

日中の眠さは歯ぎしりのせいかも!

  睡眠時間は十分に取れているはずなのに日中やけに眠たくなるという人は睡眠時に...


昼間の短時間の睡眠は良い効果をもたらす?!大人に昼寝は必要?

乳幼児期、児童期、思春期の子どもにとって、脳と体の発達のために昼寝をするのは悪...

吐き気を伴う眠気?!原因は一体何?

眠気の他に吐き気もあるという場合は体の異常ではないかと心配になりますね。 ...

カラダノートひろば

日中眠いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る