カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠の質 >
  4. ナポレオンやエジソンの睡眠時間は3~4時間?睡眠の質の大切さ

不眠・睡眠障害

ナポレオンやエジソンの睡眠時間は3~4時間?睡眠の質の大切さ

a0002_008261.jpg

睡眠時間を削れば結果を出せる!?

「できる人ほど眠りが短い」なんとなくそう思っている人、多いのではないでしょうか?

 

確かにナポレオンやエジソンのような偉人の睡眠時間が3~4時間だったというのは有名な話です。

しかし「短時間睡眠=成功の条件」かというと、そういうわけでもないでしょう。短眠に耐えられる気力・体力のある人が結果できているだけなのです。

「睡眠時間を削れば成功できる」という思い込みを捨て、「睡眠の量」を変えることから「睡眠の質」を変えることへと目線を移してみ

 

「寝る」と「眠る」を区別しよう

睡眠、そして睡眠改善についての間違った思い込みがその根底にあります。

例えば、「睡眠を改善する」のと「仕事のやり方を改善する」のとは事情が大きく異なります。仕事のやり方は、仕事をしているときに意識しながら改善してくことができますが、睡眠はそういうわけにはいきません。意識的に変えられるのは、「寝る」という行動です。

心と体をリセットして、より快適に「寝て」、その結果として心地よい「眠り」に入ることができるのです。睡眠には自分の意識でコントロールできる部分とできない部分があるという自覚を持ちましょう。

 

バスタイムで仕事モードを切り離す

シャワーだけで済ます人も多いですが、湯船に浸かることは睡眠の点から見て重要な理由の第一は、体を暖めることに効果があるからです。

「カラスの行水」では、かえって身体の奥に熱がこもってしまうこともあります。

 

もう一つの理由は、バスタイムは日中の緊迫した「仕事モード」を断ち切るのに効果的だからです。

お風呂の照明を消し、アロマキャンドルなどで効果をつけるのも効果的です。

要するに皮膚感覚・視覚・嗅覚などを日中とは全く違った仕方で刺激するのです。そうすると、体と心は緊張を解きほぐすための準備を始めるのです。 

(photo by //www.ashinari.com/)

著者: くみんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

睡眠の質に関する記事

仕事も恋愛もきっとうまくいく!?すっきり快眠のための5つの睡眠法

  睡眠は体の回復、脳の回復と密接にかかわっている習慣で、1日8時間寝ていると...

不規則な生活に「5時間以下・9時間以上睡眠」が加わると、心血管リスクが50%以上増加する?

睡眠時に脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」は、成長期に多く分泌され主に骨や筋...


よりよい睡眠のためにできるコト 寝る前に工夫できることまとめ

毎日仕事や家事に追われる現代人にとって、質のよい睡眠でしっかりと体力を回復させ...

ついやってしまう「あと5分…」はNG!スヌーズ機能が睡眠の質を低下させていた?!

日頃の睡眠を十分と考えていない人は、できるだけ睡眠時間を増やそうと考えるのでは...

カラダノートひろば

睡眠の質の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る