カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 検査・治療 >
  5. 首の痛みとしこりがある場合は血液検査を

関節痛・腰痛

首の痛みとしこりがある場合は血液検査を

 

首が痛いときにしこりもあるという場合は注意が必要です。
しこりは何らかの腫瘍や炎症と考えられ、慢性疲労からくる首の痛みではないことが多いからです。

 

●首の痛みとしこりから予想される病気
まずは首の痛みとしこりから考えられる病気を見ていきます。
一つは急性リンパ節炎という炎症です。
扁桃炎が原因で急性リンパ節炎になることが多く、ギュッと押されるような痛みを感じるのが特徴です。
ほかには悪性リンパ腫、甲状腺腫瘍などがあります。
これらは炎症ではなく腫瘍で、首の痛みのほかに全身のだるさなどの症状が出ることもあります。

 

●首のしこりと血液検査
首の痛みについては通常、視診・触診・画像検査の3種類の検査が行われますがしこりもある場合は血液検査を行う医師もいます。
しこりの原因と考えられるリンパの異常、腫瘍を始めとしたその他の病気の可能性の排除または特定のためです。
血液検査の他には尿検査を行うこともあります。

 

●血液検査の時間と費用
血液検査は、首のしこりに関するものもそうでないものも特段時間や費用に違いはありません。
時間的に言えば検査そのものは数分で終わります。
その後検査結果を聞きに後日病院に来ます。
費用は診察も含めて数千円が一般的です。

 

首の痛みに加えてしこりも確認できるときにはリンパ節炎、首の周囲の腫瘍の可能性があります。
病気の原因を特定するために、通常の首の痛みに対する検査の他に血液検査や尿検査を行うのが一般的な方法です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/11/28/01/35/vaccination-67477_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

セルフチェックでストレートネック発見

  スマートフォンなどが浸透したこともあり、現代人はうつ向き姿勢をとることが多...

首の異常を素早く発見!視診・触診・画像検査

首が痛くて病院に行った場合は視診、触診、画像検査を通して診断を下します。基本...


保存療法で直らない場合は…?首の骨の手術療法いろいろ

  首の骨を痛めたときの治療としては、たいていの場合は保存療法がとられます。保...

首の痛みの治療の3段階

  首の痛みがある場合、その治療は症状の進行具合により、大きく3つの段階にわけ...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る