カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

健康診断・健康管理

腰痛の救世主ツボ

 

背中にある腎兪というツボは腰痛の改善には不可欠なツボです。腰は体の中でも負担がかかりやすい箇所でもあります。上半身を支え、下半身の動きと連動させる役割を担っているわけですから、ちょっとした骨格のずれや、間違った負担のかけ方はすぐに腰痛につながります。

そんな腰痛改善としてまず上がるツボが腎兪(じんゆ)というツボです。

 

 

場所

ウエストの一番細いところと同じ高さにあります。あるいは肋骨の一番下の部分と同じ高さです。その高さで、背骨から指二本分ほど左右に移動したところにあります。背骨の両側に沿うようにしてある筋肉の上にありますので、少し盛り上がっている場所を探してみてください。

 

押し方

腰を手ではさむようにつかみ、親指一本で指圧します。押したままゆっくりと円をえがくように回してください。この部分は背中の低い位置にありますので、自分の指でも押すことができると思います。自分で刺激する場合は仰向けに寝た状態で、こぶしがツボに入るように背中の下に置き、立てたひざを左右にゆっくり倒しながら順に刺激しても良いでしょう。

背中はどうしても自分では見えない部分なので、誰かに押してもらうことも有効です。

 

効果

腰痛

坐骨神経痛

腹痛

めまい/耳鳴り

腎臓の疾患

婦人系の疾患

基礎代謝の活性化

腰痛の他にも様々な効果をもたらします。また、腰の血行をよくし、筋肉の緊張を緩めることで姿勢を調える効果もあるそうです。

 

 

腎兪は東洋医学においてはかなり重要なツボとされています。腰まわりは胃や腸や腎臓、女性ならば子宮などさまざまな内臓が密接している箇所ですから、腰痛の改善予防は体全体の不調の予防に効果を期待できます。

 

 

 

(イラスト: by Roddy)

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

つらい四十肩五十肩に効くツボ

  四十肩や五十肩で腕が上がらなかったり、痛みがあったりする人はたくさんいます...

ツボを組み合わせて効果アップ!

   いくつかのツボを組み合わせて使う事によって、特定のある疾病に対しての...


背中の奇穴いろいろ

ツボには経脈に属さない奇穴(きけつ)と呼ばれるものがあります。14経脈に属する...

こどもの癇癪に効くツボ

  ツボは人の体にたくさんありますが、その中には子どもの○○にきくツボというも...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る