カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. タバコ依存症 >
  5. タバコは中毒性が高い薬物だと知っていますか?

メンタル

タバコは中毒性が高い薬物だと知っていますか?

 

タバコは何から作られているか知っていますか?

 

【タバコ依存はニコチン依存症という薬物中毒!】

 

ナス科植物のタバコ葉からタバコは作られています。このタバコ葉には依存性が極めて高いニコチンという薬物が含まれていて、タバコを嗜好品として常用していると自分の意思で禁煙ができない状態になります。これを、タバコ依存症あるいはニコチン依存症と呼び、れっきとした薬物依存症であると考えられています。

これは、タバコ葉に含まれるニコチンの作用による依存と、耐性(常用によって不快感の解消効果が薄くなる)や離脱症状(ニコチンの減少で起こる、不安感やイライラ感)の自覚がなく、吸う本数が多くなり、リラックスできるからといってタバコを繰り返し吸ってしまうのです。

 

【未成年にまで及ぶ深刻なタバコ依存症】

 

近年は、自販機などで年齢認証がされないとタバコを購入できないというシステムが導入されていますが、だからといって未成年の喫煙が確実に減っているわけではありません。

未成年が喫煙を繰り返すと、

 

・脳発達の遅れ

・思考の乱れ

・イライラ感

・肺がん発生率上昇

 

などがおこり、成長に大きな影響を与えます。さらに、2010年10月横浜市の調査では、なんと中学生の1.5%が常習喫煙者ということがわかり、しかもその保護者の7割が喫煙することを容認しているというのです。その背景には、親や成人した兄姉の影響もうけていると考えられています。

 

【タバコを吸わなくてもニコチン中毒になる?!】

 

普段タバコを吸わない人でも、受動喫煙をしてしまった場合、または普段タバコを吸っている人が過剰摂取した場合にニコチン中毒症状が起こります。

例えば、子供がタバコの吸い殻を誤飲してしまうなどもニコチン中毒になり、死に至ることもあるのです。ニコチン中毒になると、頭痛、動悸、不眠、イライラ感、嘔吐、下痢、けいれんなどの症状が起こります。

最近では、禁煙治療のためのニコチンパッチやニコチンガムを正しく使用できておらず過剰摂取してしまうことで、急性ニコチン中毒なるケースも増えているのです。

 

 

平成15年から施工された受動喫煙防止の働きで、決まったところでしかタバコが吸えない環境へと変わりました。これはタバコを吸わない人にとって、タバコの副流煙が病気を起こすきっかけともなるからです。しかし、いまだに歩きたばこをしたり、自転車に乗りながら吸ったりする人もおり、改善されているとはいえません。タバコの成分は毒物です。毒物をあえて摂取しているという強い認識を持ち禁煙をすすめることで自分も健康を手に入れられ、周囲の人も健康を維持できることになります。  

  

 

(Photo by: [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_32_114/products_id/272])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

タバコ依存症に関する記事

タバコ依存症を克服するには

    喫煙者の約70%がタバコ依存症であると言われています。 明日から喫...

喫煙者・禁煙治療中の方必見!タバコ依存症を克服すると太るって本当?

  タバコ依存症を克服すると太るって本当?!     タバコ依存症とは禁...


ひょっとして、自分はタバコ依存症かも…禁煙を始めるためのチェック項目

  タバコがなかなかやめられない・・・ そんな悩みを持つ方も多いと思いま...

ツラい禁煙治療、家族と友人の支えで乗り切る

    タバコを吸う人のほとんどは「タバコは臭い」「煙が迷惑」と言われた...

カラダノートひろば

タバコ依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る