カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 脳のトラブルだった?ギャンブル依存症 まずはチェック!見分け方、抜け出し方

メンタル

脳のトラブルだった?ギャンブル依存症 まずはチェック!見分け方、抜け出し方

ギャンブルというと、アメリカのラスベガスやマカオなどカジノのある国のほうが、ギャンブル依存症の人が多いのではないかというイメージがあると思いますが、実際には日本のほうがギャンブル依存症に陥っている人の割合が多いといわれています。

 

【日本人にギャンブル依存症が多いというホントの話】

これは、実際に2009年に厚生労働省によって行われたギャンブル依存症調査の結果で、日本人成人男性は9.6%、日本人成人女性は1.6%、全体平均で5.6%がギャンブル依存症であるとされています。同様の調査ではアメリカは全体平均0.6%、マカオは全体平均1.78%と比べると、日本人のギャンブル依存度はかなり高いのです。国勢調査推計においても日本人成人559万人がギャンブル依存症に陥っていると推算されています。

 

【どれだけの種類のギャンブルが日本にはあるのか?】

日本のギャンブルは公営ギャンブルとギャンブル的な要素を持つ遊戯とされるものに区別されます。

 

公営ギャンブルでは、

・競馬

・競艇

・競輪

・オートレース

・totoやBIGなどのスポーツ振興くじ

・宝くじ

 

ギャンブル的な要素を持つ遊戯とされるものは、

・パチンコ

・パチスロ

 

これらが代表としてあげられますが、違法なギャンブル(友人同士の食事の持ち合いのようなものでなく、人生が破たんするほどのお金をかけるような賭博行為)も発覚していないだけでも相当の事例があると推測されます。

 

【意思の問題でなく脳の問題?】

常に「勝った時の快感」が頭から離れず、キャッシングやクレジットなどで借りたお金を使い続け、借金が膨らみ自分ではどうにも解決できなくなるという可能性のある恐ろしい依存症がギャンブル依存症です。さらに、ギャンブル依存症は本人の問題だけでなく、家族や友人までも巻き込み、精神的、経済的に悪影響を与えてしまうことさえあるのです。

 

趣味でパチンコやパチスロ、競馬、競艇など、お金を使っても良い範囲で楽しめる人は「意思が強い」と考えられる一方で、ギャンブル依存症となる人は「意思が弱い」と考えられます。しかし実際には、ギャンブル依存症は「意思」の問題でなく、個人差のある脳によってギャンブル依存を起こしてしまうことがわかっています。

 

【ギャンブル依存症に陥る人の脳の特徴とは?】

その脳の特徴とは、ギャンブルによって得られる状態が脳内伝達物質に変化を生じさせてしまうのです。ギャンブルをしていると、脳内のドーパミンやノルアドレナリンといった好奇心や満足、行動を起こす物質が増えて、セロトニンという行動の抑制をする物質が減少するというのです。セロトニンが減少するということは、例えばギャンブルで負けている時のイライラ感を余計に募らせ、自分自身に抑制が効かない状態となってしまっているといえます。 

 

【負けをギャンブルで取り返せると思い始めたら要注意】

ギャンブルによってお金が手元に入ると、手に入れられるべくして手に入れたお金と錯覚してしまいます。ギャンブルという予測のつかないことで手に入れたお金であるにも関わらず、負けた時にその負けた分をギャンブルで取り戻せると思い込んでしまう怖さがギャンブルにはあるのです。それが、脳によって起こされているということを本人は自覚していません。

 

 

もし、負け続けているのにギャンブルを続けてしまっているようであれば、ギャンブルとは無縁の生活環境をするか、趣味やスポーツなど自分が向上するようなことに投資するように変えていきましょう。

 

ギャンブル依存症は病気?どうしたら治る?

ギャンブル依存症には、パチンコ依存症や競馬依存症、競艇依存症などがあり、日本ではこれらがギャンブル依存症の主流です。

そして依存症と名が付くことから、これらは病気であると考えられています。

しかし、体の病気ではなく心、精神の病気です。

 

やめようと思ってもやめられず、やめられない自分を蔑んで自暴自棄になってしまったり、周りからの信用を失ってしまったり…。

 

それでは、どうしたらギャンブル依存症を治すことができるのでしょうか?

 

ギャンブル依存症を理解する

ギャンブル依存症は精神の病気です。病気ですが薬で治るものではありません。

ギャンブル依存症の多くの人は、ギャンブルで勝ったお金で何か買いたい、欲しい物を買うためにギャンブルをするということではないようなのです。

ただ「勝ちたい」という欲求だけでギャンブルをしてしまうそうです。

目的が何かのためではなく、勝つためなのです。

ですから、これくらい勝ってお金がたまったらやめるということがないのです。

勝つことが全てであり、その欲求を満たすためだけにギャンブルを繰り返してしまうのです。

 

本気でやめるなら周囲の協力が必要

ギャンブル依存症を治すには、周囲の協力が必要不可欠です。

家族などに自分がギャンブル依存症であることを告げ、それを克服したいと告白し、協力を求めましょう。

お金があると、とりあえずギャンブルに行ってしまうという人は、家族にお金の管理をしてもらうようにしましょう。

一日一日、必要な分だけお金を渡してもらうようにし、余計なお金を一切持たないことが一番重要なことです。

また、最近では簡単にカードを利用してお金を借りることができてしまいますので、カード類も一切持たないようにしましょう。

 

お金の大切さを理解するために、目的を持った貯金を始めるのもいいでしょう。

最初は少ない金額から、貯金箱などをいつも目に付く所に置きお金を貯めていって、貯まったお金で外食を楽しんだり、旅行を楽しんだり、自分も家族も楽しめることを目的として、お金を貯める大切さ、それによって得られる楽しさを味わってみるのです。

 

ただし、すぐに取り出せてしまうような貯金箱ではなく、一度入れたら開けることのできない缶タイプの貯金箱を使用することをお勧めします。

 

ギャンブル依存症の見分け方

ギャンブル依存症は、自分でやめたいと思ってもギャンブルをやめることができない心の病です。当然薬で治るものでもないですし、体に異常をきたすような症状が現れるわけでもないので、自分でも自覚しにくく、周囲も気がつかないことも多くあります。

 

しかし、重度のギャンブル依存症になってくると、借金をしてまでギャンブルをしたり、仕事が手につかなくなったりと、自分や家族、周囲をも巻き込んで最悪の事態を招く恐れもあります。

 

もし「ギャンブル依存症なのでは?」と疑ったら、早期対応をしなければなりません。

 

ギャンブル依存症を見分けるポイント

趣味がギャンブルしかない

嘘をついてまでギャンブルに行く

ギャンブルに行かないとイライラする

負けても勝ったと嘘をつく

食事代を削ってギャンブル資金をつくる

気がつくと限度額以上の資金をつぎ込んでいる

ギャンブルの事で頭がいっぱいで仕事が手につかない

借金をしてまでギャンブルをしてしまう

 

特に、仕事が手につかなくなってしまったり、借金をしてまでギャンブルをしてしまうという症状が現れているならば、重度のギャンブル依存症であると思われます。

 

自分がギャンブル依存症なのではないか?家族がギャンブル依存症なのではないか?と思ったら、上記の見分けるポイントでその依存性の度合いを見定めて見ましょう。

 

ギャンブル依存症は、自分や家族に悪影響を与えてしまいます。当然お金はなくなってしまいますし、借金まで作ってしまったのでは、これからの生活も苦しくなってしまいます。

 

まだ軽度のギャンブル依存症である内に、自分で生活を見直したり、家族で話し合うなどして、対応策を考えていかなくてはなりません。

 

お金の大切さを理解し、そしてギャンブル依存症の恐ろしさを理解し、それを克服する努力をするようにしましょう。

 

ギャンブル依存症から抜け出せないあなたに・・・

自分はギャンブル依存症ではないか?ギャンブルをやめたいけれどやめられないと悩んでいる人は多いでしょう。

自分でいくら努力してみても気がつくとギャンブルをしていて、そんな自分が嫌になって後悔して…そんな繰り返しなのではないでしょうか?

 

ギャンブルをやめたいと思っているということは、ギャンブルの恐ろしさを知ったからであり、ギャンブルのせいで何か大切なものを失いかけている、または失ってしまったということでもあります。

 

まだチャンスはある!

ギャンブル依存症の多くは、そのことに気がついていなかったり、気がついてはいるけれど行動を起こしていない人が殆どです。

そのため大切な物を失い、自分の人生を駄目なものにしてしまっています。

しかし、ギャンブル依存症を克服したいと思っている人は、今からでも遅くありません。すぐに行動することによってまだ立ち直るチャンスはあるのです。

 

ギャンブル依存症を克服するためには

自分がギャンブル依存症であることを告白する!

自分がギャンブル依存症であると認識し、それを克服したいと思っている人は、まずそのことを家族や周囲に告白しましょう。

ギャンブル依存症は自分ひとりではどうにもできないものです。周囲の協力が必要不可欠なのです。恥ずかしさや惨めさなどは、今一時のものです。これからの生活を変えて生きたいと思っているのであれば、勇気を出して自分がギャンブル依存症であり、それを克服したいから協力してほしいと訴えましょう。それがギャンブル依存症を克服する第一歩です。

 

お金の管理は家族に!自分はお金を持たないように

周囲の協力が得られたのなら、お金の管理を家族などに任せ、一日に必要なお金以外は持ち歩かないようにします。

もちろんカード類も持ちません。

とにかくお金の管理を徹底することが大切なのです。

 

ギャンブル以外の趣味を見つけよう!

またギャンブルをしなくなるとイライラしたり、時間を持て余してしまったりするので、何か自分の打ち込める趣味を見つけましょう。

ギャンブル依存症の人は趣味がギャンブル以外無いという人がほとんどなので、ギャンブルに変わる趣味を見つけて楽しむようにします。

 

それでも効果が得られなかった場合は、カウンセリングを受けることをお勧めします。

自分がギャンブルをすることによって影響を与えない第三者に、自分の胸の内をさらけ出し、話を聞いてもらうことで解決することもあります。

ギャンブル依存症を克服して、自分の家族の大切な生活を取り戻しましょう。

 

ギャンブル依存症かもと思ったらまずはチェックしてみましょう

ギャンブル依存症の人の多くは、自分自身から治療をしようという思考をまずもちません。ギャンブル依存症は「病的賭博」「ギャンブル障害」ともいわれ、治療の必要な病気であると考えられています。ちなみに男性の場合では、戦略的に頭を使うギャンブルを好む傾向が高く、女性の場合では、パチンコやスロットなど戦略の必要のないギャンブルを好みます。 

ところで、どのような状態になっているとギャンブル依存症だといえるのでしょうか。

 

【ギャンブル依存症10のチェックリスト】

①気分転換といってギャンブルをしてしまう

②今度は勝てる、とギャンブルのことが頭から離れない

③ギャンブルに行けない、もしくはできないとイライラが募る

④自分でやめることができない

⑤ギャンブルへの投資が日に日に増えていく

⑥ギャンブルで負けても、次は勝とうと取り返しにいく

⑦家族や友人にごまかしてお金を借りる

⑧ギャンブルのためなら嘘もつける

⑨断りもなく家族や他人のお金に手を出す

⑩犯罪とわかっていてもギャンブルのための資金を得ようとする

 

【ゲーム性の高さではまってしまうパチンコ】

ギャンブルのなかには、ゲーム性の高いパチンコやパチスロで依存症を起こしているケースが多くみられます。中には、学生が友人の軽い誘いでパチンコへ行ってみたところ、意外にも楽しく、始めは簡単に現金が手に入っていたため次第に抑制がきかなくなり、のめりこんでしまうといった人もいるのです。正常な人であれば数万の大金をギャンブルで使ってしまうようなことがあれば、「もう二度としない!」ということになるかもしれませんが、依存症の人の場合には「負けを取り戻すのなんて簡単だ!」と金銭感覚が鈍くなってしまいます。 

 

また、次々と新しく出される機械に興味が移り、新しい台が出るという告知が出れば朝から並び、ほとんど食事もとらずにパチンコをしてしまう人もいます。健康状態も悪くなりますし、家にいる時間も少なくなるため、家庭環境も悪化していくのです。

 

よくあるケースとして知っている人も多いと思いますが、最悪の場合には乳幼児を車においたままパチンコに没頭してしまい、子供が亡くなってしまうという、悲しい事件もあるほどなのです。   

 

認めることから抜け出すギャンブル依存症

ギャンブル依存症を克服するには、まず自分が「ギャンブルに熱中し過ぎている」という自覚を持つことから始まります。さらに、ギャンブルは楽しいけれど、金銭のことで悩みや不安を持っているようであれば、ギャンブル依存症を克服する決意を固めることです。

 

【ギャンブル依存症から抜け出す決意を固めたら】

しかし、自力でどうにかできるものでないのがギャンブル依存症であって、家族や友人のサポートはもちろん、医療機関や自助グループ(実際に依存症を克服した人が多くいる)でのサポートも必要となることもあります。

 

単純に「お金がないからギャンブルをしない」という理由では、なかなかやめることができません。その時はギャンブルをする回数が減ったとしても、根本的な解決には繋がってはおらず、またギャンブルをしてしまうことになるのです。お金があればギャンブルをしてもいいと思ってしまうので、ギャンブルはお金も時間も無駄にするという意識を確かなものにする必要があるのです。

 

【具体的にとったほうがいい行動例】

・自分がギャンブル依存症であることを家族や友人に告白する

・ギャンブル依存症を克服したい強い気持ちがあることを言う

・ギャンブルをしないということを紙に書き、目につく場所に貼る

・同じお金を使うなら、時間がかかっても趣味を見つけ投資する

・暇だと感じる時間があれば、掃除や洗濯など日常でできることを探す

・ギャンブル関連の本や雑誌があれば捨て、見ない

・ギャンブル場のそばを通るようにしない

・外出の時には必要以上のお金を持たない

 

こういった独自でできることはもちろん、実際にギャンブル依存症を克服した人が集う自助グループもあり、本当に治療をしたいのであれば活動に参加すべきです。また、ギャンブル依存症は脳の病気でもあるため、診断をしてくれる医療機関も存在します。

 

【ギャンブル依存症をリバウンドしない心得】

・トータルで勝ちなんてものはない

・家族関係、交友関係を壊してまでギャンブルをする価値があるのか

・健康そのものを害すものである

・ストレスが溜まったら、ギャンブル以外で発散

 

【ギャンブル依存症から開放される生活を取り戻す】

ギャンブル依存症は自分がギャンブル依存であることの自覚がありません。しかし、自身の生活環境や対人関係などを客観的にみると、ギャンブルによる家庭不和がたえない、友人からお金を借りてギャンブルに行くことがあるなど、至るところにトラブルの種があるはずです。もしギャンブルをしなければ、ひとつでも自分自身のトラブルが解消されるのです。

 

一日も早くギャンブルから開放されることで、最初は辛いかもしれませんが、は「ギャンブルを止めて良かった!」という自分に出会えるでしょう。

 

治したい…ギャンブル依存症の自助グループに参加するメリット・デメリット

自助グループとは同じ体験・経験を持つ方がその問題や対応を話し合うグループです。

最初はアルコール依存症患者の自助グループから広まりましたが、現在ではさまざまな依存症患者の自助グループ、特定の疾患患者の自助グループなどもあります。

ギャンブル依存症の自助グループも存在しており、自助グループで得られるメリットとデメリットを見ていきます。

 

●自助グループが持つメリット

ギャンブル依存症の自助グループに参加することのメリットは何と言っても『自分の問題に向き合えること』です。

依存症になると多くの方が自分の問題からは逃げてしまいがちです。あれこれ考えるのが嫌で依存している方もいるのです。

そんな中で自助グループでの話し合いを通して自分は何を考えて何をしてきたのかを知り、これからの生活の改善意欲を引き出すことが出来ます。

自助グループに参加する方の多くは似たような経験を持っているので、共感し合いながら回復を目指せるのもメリットです。

 

●自助グループが持つデメリット

一方で自助グループにはもちろんデメリットもあります。

本来メリットとなり得る『共感』がいつのまにか『傷のなめ合い』にすり替わってしまうことです。

同じ境遇の人がつらさをわかってくれる、苦しさをわかってくれるからこそ傷をなめ合って終了してしまう場合もあります。

それだと一時的には心が安らいでも問題の根本解決にはなりません。

また、自助グループ内のメンバー同士の人間関係などによってもこのデメリットの出方は違うので、メンバーや会の雰囲気を見て判断してみるとよいでしょう。

 

日本国内で最もよく知られているギャンブル依存症の自助グループは『ギャンブラーズ・アノニマス 日本』です。

ギャンブル依存の自助グループを探しているならまずはギャンブラーズ・アノニマス日本のホームページから問い合わせてみるとよいでしょう。

(参考:ギャンブラーズアノニマス 日本 )

 (Photo by: [http://www.ashinari.com/2009/03/30-015881.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

依存症に関する記事

こんな症状が出る!炭水化物依存症の実態 ~原因から予防、治療まで~

炭水化物依存症の方は、一体どんな症状が出るのでしょうか。精神的な症状と、肉体...

スマホ中毒の犯人は快楽物質「ドーパミン」!?その理由や対処法、なりやすいタイプって?

スマホ中毒とはスマートホン依存症のことを言います。 スマートホンに限らず、...


性依存症の治療!性依存症を克服するための12ステップとは?

性依存症者がもっている、依存症におちいってしまう特有の考え方が4つあります。...

性依存症とは?起こる原因は?

  性依存症はどんな環境を通じて、発症するのでしょうか? まとめてみました。 ...

カラダノートひろば

依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る