カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 臭い対策 >
  4. >
  5. そのヘアケア、頭皮のニオイを悪化させていませんか?

女性のカラダの悩み

そのヘアケア、頭皮のニオイを悪化させていませんか?

 

 

頭皮のニオイに悩む人のほとんどは、実は正しいヘアケアができていない可能性が高いです。生活習慣の見直しも必要ですが、正しくヘアケアを行うことで頭皮の血行は良くなり、汚れや皮脂が溜まりやすい環境が少しずつ改善されていきます。

 

 【正しいヘアケアで、頭皮のニオイとサヨナラ】

 

正しいヘアケアの基本はシャンプーです。最近では、頭皮に悪影響といわれるシリコン成分の入っていないノンシリコンシャンプーも市販されていますが、シャンプーの効果よりもシャンプーの仕方に注目しましょう。

 

①シャンプー前にブラッシングをする

 

ブラッシングブラシというクッション性のあるブラシを使って髪の毛の埃や絡まりを取ると、シャンプーの泡立ちも良くなり、毛穴の汚れや溜まり過ぎた皮脂を取り除くことができます。  

 

②シャンプーをするのに最適な温度でお湯だけ洗い

 

シャンプーに最適な温度は「少しぬるいかな」と感じる38℃がおすすめです。熱すぎると頭皮の乾燥を起こし、余計に皮脂が分泌してしまうので注意しましょう。また、汚れや皮脂はお湯だけの洗髪でもかなり落ちるので、シャンプーをつける前に指の腹を使って頭皮を揉むように1分程度洗いましょう。

 

③適度に髪の水分を切って、シャンプーを手にとって泡立てる

 

髪に含まれる水分が多いとシャンプーの泡立ちが流れてしまい、髪をこすり合わせてしまうことで傷みやすくなります。シャンプーはしっかりと手で泡立ててから髪の毛に馴染ませ、指の腹で頭皮を傷つけないよう泡立てながら洗います。洗い時間は髪の毛の長さもありますが、生え際から頭頂部にかけて1分以内で終えるのが効果的です。

 

④2分以上しっかりとすすぐ

 

シャンプーの泡が頭皮に残らないようしっかりとすすぎます。すすぎ残しがあるとフケやかゆみの原因となり、頭皮も痛みます。

 

⑤リンスやコンディショナーは髪だけに使う

 

リンスやコンディショナーはせっかく洗った頭皮を目詰まりさせてしまう可能性もあります。髪の毛先から中間あたりまでを意識してリンスやコンディショナーをつけて、すすぎ残しのないようにしましょう。

 

⑥タオルドライは念入りにする

 

時間を省くためにタオルでガシガシこすらないようにしましょう。髪の毛も頭皮も痛む原因になります。その際使うタオルも清潔なものを使うようにしましょう。 

 

⑦襟足からドライヤーで乾かす

 

生乾きのまま寝てしまうと、頭皮の雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。ドライヤーでしっかりと乾かすことが大切なのですが、頭頂部から乾かすのでなく、乾くのが遅い襟足から10センチ以上は離して使いましょう。

 

【正しいヘアケアの習慣づけから頭皮ケアを!】

 

正しいヘアケアを理解しても、どうしてもこれまでの習慣が抜けない人は多いと思います。頭ではわかっていてもなかなか実行できないのが現状ではないでしょうか。

正しいヘアケアはまず習慣づけをすることが大切なので、紙に①から⑦の項目だけでも良いのでメモをとり、お風呂場や洗面台のそばに貼りつけておくと実行しやすいと思います。一日もはやく習慣づけて健康な頭皮を手に入れましょう。  

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/04/22-001741.php])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭に関する記事

食事による頭の臭い対策!正しい頭皮ケアを学ぼう♪

女性の中には、髪に良い香りをつけて颯爽と歩いている人もたくさんいますが、混雑...

頭が臭い?髪のニオイでなく頭皮のニオイかも

    意外にも頭のニオイについて悩んでいる女性が多いことを知っています...


正しい髪の洗い方

  頭皮のにおいの原因の多くは、頭皮の皮脂分泌が多いことです。頭皮は以外にも皮...

気になる頭皮のニオイを素早く解消するおすすめ法

頭皮のニオイを防止するには正しいシャンプーも大切ですが、汗をかく季節やタバコ...

カラダノートひろば

頭の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る