カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 臭い対策 >
  4. おならで健康か不健康かを知ることができる?ガス抜きポイントを自然に!臭い対策とは

女性のカラダの悩み

おならで健康か不健康かを知ることができる?ガス抜きポイントを自然に!臭い対策とは

普段おならが出過ぎて困るという人もいるでしょうが、基本的におならは健康のバロメーターなので、おならが出ることを気にするよりも、生活習慣に乱れがないか気にしたほうがいいようです。

 

【おならは健康のバロメーター】

おならの音がプーと長めで臭くない人であれば腸内は健康と考えられますし、一方でブッと短く切れのいい音、音はしないけどニオイがきついという人は、腸内や肛門に何かしらの支障がでているのかもしれません。

 

おならは普段の生活をしていると、どこでもかしこでもできるものではありませんが、我慢すると一体どうなってしまうのでしょうか。

 

我慢されたおならは大腸から小腸へと巡り、血液の中に入り体全体に巡っていきます。肺にも巡るので呼気にも影響しますし、内臓にも負担がかかります。さらに、ガスが内臓を圧迫してしまい腹痛を起こすこともあります。

 

おならを我慢するということは、腸内の悪玉菌を増やす結果となり、余計にニオイもきつくなるのです。おならが出そうだなと思ったら、出来る限りトイレに行くなど我慢しすぎないようにすることが大切です。

 

 

【それでも出てしまうおならとのつき合い方】

我慢しなくてよいといわれても困ってしまうのがおならなのですが、普段の生活で防止することはできないのでしょうか。

 

おならは、口から吸いこんだ空気もおならになるといわれています。食事の時など意識をしていなくても空気を飲みこんでいるのです。特に早食いは急いで呼吸も食事もするので、おならは溜まりやすくなりますが、ゆっくりと良く噛んで食べると消化も早くおならも出にくくなります。

 

案外食事だけでなくポカンと口を開けている人も、空気を飲みこんでおならの出やすい状態になっているかもしれません。

 

【質の良いおならがでる体づくり】

臭くないおならの人は腸内環境が整っているといえます。一方腸内環境が悪いとおならは臭くなります。その違いというのは生活環境であると考えられます。

 

腸内環境が整っている人は、食生活や睡眠が十分にとれているのです。もし、これから腸内環境を改善したいということであれば、まずは食生活から見直してみてはどうでしょうか。

 

噛む回数を増やすことはもちろん、腸内の善玉菌を増やす、例えばフルーツ、ヨーグルト、納豆などの食品を一食に必ず摂りいれるところから始めてみましょう。

 

 

自然に身につけるガス抜きポイント

 

ガスの発生を避ける生活

口から入る空気がおならになることもありますが、食事で食べたものがガスを発生させおならとなることもあります。

 

例えば、便通を良くするために食物繊維を多く摂るという人がいると思いますが、摂りすぎると逆効果で消化できにくくなり、ニオイの少ないおならが出やすくなります。

音や回数を気にする方は特に注意したほうがいいでしょう。

 

また、肉類や加工品など、動物性タンパク質を良く食べるという人は臭いおならが出ると思ってください。

高タンパク、高脂質の食品は悪玉菌の大好物のエサなのです。

もし、どうしても肉類を食べる時には、野菜類などを先に食べタンパク質や脂質の吸収を抑えるようにしましょう。

 

姿勢は正しく、休日ゴロゴロで正しくガス抜き

腸の中にガスを溜めこまないためには、正しい姿勢をすることから始めましょう。

背中が丸まった状態になると、血液の中の二酸化炭素の量が増え、腸内にガスが溜まりやすくなります。

 

できるだけ、鼻で息を吸い腹式呼吸で腹部に刺激を与えてお腹にガスをためないようにしましょう。

トイレに行った時には特に左下腹部の腸を揉んだり、さすったりすると排便の際に一緒におならがでるようになります。

また、休日には仰向けに寝っ転がって、両手を上にあげ左右に4~5回程度ゴロゴロと体を回転させましょう。

すると、腸内の上部にたまったガスが移動し、おならとして出やすくなります。

また、家であればおならをするのもリラックスしてできるでしょう。

 

腸の締め付けすぎに注意

最近では体の形を整えるために、お腹の上部まで締め付けるようなガードルがありますが、それはおならには悪影響です。

締め付けられた体内では血液の循環が正しくできていないので、腸の働きももちろん鈍くなってしまいます。

すると、悪玉菌も増え臭いおならがでるようになってしまうのです。

 

腸を柔軟に保つようにするには

おならのニオイをはじめ、出過ぎることや、逆に便秘となって出にくいというような場合には腸が正常に働いていない証拠です。

腸を柔軟に、しっかりと働かせるためには、食生活などの生活習慣の見直しも大切ですが、適度に体を動かすことも大切です。

 

休日になると疲れてしまい、お昼頃まで寝てしまうという人もいるかと思いますが、人は寝だめはできません。

会社に行く時と同じような時間帯に起床し、柔軟体操でもラジオ体操でも良いので体の血流を促す運動を軽くして過ごしてから、昼寝をすると良いでしょう。

 

 

臭いが気になる女性の方へ☆臭いおなら対策!

女性にとっておならはそのものが恥ずかしい存在であるのに、さらに臭いとなるとさらに恥ずかしさが倍増してしまいます。

おなら自体は生理現象ですから、おならそのものを止めることは難しいのですが、臭いおならについては、何らかの原因がありその臭さを改善することはできます。

では、具体的におならが出るメカニズム、臭いおならの対策について見ていきましょう。

 

なぜおならが出るのか

おならは肛門を通じて体外に出される気体ですが、このおならのもととなるガスは腸内でたまったものです。この腸内ガスの原因には主に以下の3つがあると言われています。

 

・口から空気を飲み込んだことにより、腸内まで届く場合

・炭酸を含んだ飲料から出るガス

・食物が腸内で分解・腐敗することによって発生するガス

 

口から空気を飲みこんでいることをなかなか自覚できませんが、主に早食いの人、良く食べ物を嚙まずに飲み込む人はそうでない人と比べて、口からより多くの空気を肺ではなく、胃から腸へと送り込んでいます。

 

炭酸飲料は液体の中に炭酸ガスが含まれている飲み物ですから、胃や腸の中に到達した時点でも気体が発生しますので、おならの量が増えるのです。

 

そして、最後に述べた点、食物から発生するガスこそが、臭いおならの原因なのです。

食物の中でも、特に動物性たんぱく質や脂肪が腸内細菌によって分解されると、臭いおならの臭いが発生します。

 

臭いおなら対策とは

それでは、どのような点に気をつければ良いのかというと、やはり食生活を変えることが一つ挙げられます。

脂肪分の多い食べ物や、肉などに代表される動物性たんぱく質を多く摂取しているとおならの臭いがきつくなります。

できるだけ、芋・豆などといった炭水化物系の食物を摂取すること、そして、食物繊維を多く摂取することは、分解時の臭いにおいの発生を抑制するだけではなく、腸内環境を改善することにもつながります。

 

肉食や脂っこいものばかりを食べている人はちょっと自身の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: [http://www.pakutaso.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

臭い対策に関する記事


シェーグレン症候群の治療法、悪化させないために..。加齢臭の予防法、女性にも加齢臭が!

  シェーグレン症候群という病気をご存じですか? 40代から60代の女性...

カラダノートひろば

臭い対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る