カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 猫背 >
  4. 予防 >
  5. 猫背はトコトン予防する!腹筋と背筋をバランスよく鍛えよう

関節痛・腰痛

猫背はトコトン予防する!腹筋と背筋をバランスよく鍛えよう

【猫背になる人にはこりがある】

猫背になりやすい人の多くは肩こりや頭痛に悩まされたりしています。こりが発生する部分は主に首から背中にかけての部分で、猫背にするとラクだからといって放置してしまうと、消化器系の神経に負担がかかって、胃酸が正しく分泌されず過剰となり、胸やけや胃痛の原因にもなります。特に肩甲骨周りの筋肉は、長時間同じ姿勢で過ごしていると硬直しやすく姿勢にも影響を及ぼすのです。

 

【猫背を予防するならお腹から下の筋肉を柔らかくする】

猫背には姿勢を正しく保つことが必要ですが、猫背の人の場合には腹部や下半身を圧迫してしまう姿勢になるので、お腹や下半身の筋肉が硬くなってしまいます。そうすると、猫背のためのストレッチなどを行っても効果がなかなか出ないこともあるのです。筋肉は柔らかく保つことが猫背予防に効果的です。

 

 

【デスクワークの人のための予防体操】

デスクワーク中心の生活をしている人の場合は、首猫背になる人も多く、また腰が曲がりやすい傾向にあります。腰は背骨を支える腰椎があり、腰を丸めて作業を長時間続けると腰椎に負担がかかり猫背による症状も悪化します。一方で、背中が反り過ぎてお腹が出てしまい、背中の筋肉に負担をかけてしまっている人もいるので、効果的な体操を取り入れて猫背を予防しましょう。

 

・寝る前に簡単反らせるだけ体操

①うつぶせの状態に寝ます

②腕は真っ直ぐ体に沿わせましょう

③息を深く吸い、吐きながら上半身だけを反らせます

④1セット5回として1日に2回程度行うと効果的です

・立ったままお腹へこませ体操

①立った状態から始めます

②どちらの手でも良いので、片方の手を下腹部に、もう片方の手をお尻の中央にあてましょう

③息を深く吸い、吐きながらお腹をへこませ、お尻を前方に押し出します

④1セット5回として1日に2回程度行うと効果的です

 

【猫背の筋肉づくりにはバランスが大切】

猫背の人が筋肉をつけるには、腹筋と背筋をバランスよく鍛えることが大切です。腹筋のみを鍛えると猫背になりやすいともいわれますので、腹筋と背筋どちらも意識して鍛えると姿勢も整い猫背になりにくくなるでしょう。また、筋肉をつくるには良質のタンパク質が必要です。外食がちな人であれば、魚(鮭、サンマ、マグロ)などを含む定食を選んだり、骨を強くするカルシウムやビタミンを意識して摂るようにすると、体操の効果も出やすくなります。

 

(Photo by: [//www.photo-ac.com/main/detail/1816?title=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81&c_id=11])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

腕立てをして猫背を防ごう!

     猫背になっていると外見的なマイナスだけでなく、身体の様々な個所に不...

椅子を正しく使えてますか?

     座っている時というのは、つい背中が丸くなって猫背姿勢になりがちです...


座り方を正して猫背予防を!パソコン作業と猫背

  猫背の原因で増えているのが、パソコンではないでしょうか。仕事でパソコン...

猫背予防のために猫背の原因を知ろう!原因は日常生活の姿勢・動作による猫背・運動不足?

猫背はそもそも、背中や腰が丸くなり姿勢が悪いという印象を与えます。 ではそ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る