カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 家族 >
  6. 外部支援 >
  7. 回想法を受けられる施設とは?認知症患者のケアについて

介護・認知症

回想法を受けられる施設とは?認知症患者のケアについて


ohajiki001.jpg


認知症の特徴的な症状のうちの1つに最近のことは覚えられないのに昔のことは鮮明に思い出される(覚えている)というものがあります。

「昔のことはこんなに覚えているのに、ついこの前のことは全然覚えていない……」というように悲観的になるのではなく、こういった特徴を肯定的に捉えてみませんか?
昔の思い出を語ることで、心の安定や認知機能の改善を目指す取り組みを「回想法」と言います。


回想法では1人もしくは複数の認知症患者とサポートの人間が過去の思い出を語り合います。
この時にサポートの人間は過去の記憶を呼び起こし、発言をスムーズにするキーアイテムを用意します。

例えば
・昔よく使われていた生活用品(釜やおひつ、洗濯板、アイロンなど)
・その時代を象徴する写真や新聞記事
・当時の遊び道具(ビー玉やおはじき、お手玉など)

が用いられます。


回想法は認知症患者のケアだけでなく、高齢者と若い世代が語り合い伝統や歴史を継承する手助けをするという面もあります。
参加者が楽しみながら効果を得るという点でも注目すべき手法なのではないでしょうか。

回想法を専門に行っている施設では、回想法のイベントがあるだけでなく回想法の研修会やキーアイテムの貸し出しなども行われているものもあります。



(Photo by //www.ashinari.com/2010/11/15-342192.php )

著者: トゥーさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

外部支援に関する記事

当事者同士話し合おう 〜支援団体の利用〜

認知症を支える家族の負担は決して少なくありません。家庭内のことだけについ1人で抱...

認知症患者本人のケアだけでは×!認知症患者を抱える家族へのサポートはどうすればいい?

   認知症患者のケアは、患者本人だけのサポートでは不十分です。認知症患者を抱え...


介護サービスなどの支援を受ける場合の手順は?介護保険について

■介護保険とは介護保険とは、介護を、家族だけでなく社会全体で支えていくための仕組...

最初にきちんと調べておこう!認知症でも入所できる施設について

利用できる施設が限られているのが、認知症の人を介護する家族にとって悩みの種で...

カラダノートひろば

外部支援の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る