カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 猫背 >
  4. 症状 >
  5. 猫背は百害あって一利なし!

関節痛・腰痛

猫背は百害あって一利なし!

【猫背でいると起こりやすい症状】

猫背でいると必ずといって起こる症状がいくつかあります。猫背は様々な病気につながるため、百害あって一利なしの状態なのです。では、猫背になるとどのような症状を起こすのでしょうか。

 

①肩こり

背中が丸くなることで、両肩が前に出る形となり、背中の筋肉が硬直するため上半身の動きが悪くなり、呼吸がしにくくなります。また、筋肉が硬直するということは血流が悪くなることでもあるので、疲労物質や老廃物が溜まりやすくなり肩こりや首こりを起こしやすくなるのです。猫背の状態が続くと、背中の負担を支えきれなくなるので、筋肉にまで影響を与えこりを生じさせます。

②腰痛腰

腰を支えるには腰椎が正しい位置にあることが大切なのですが、猫背になると骨盤も歪むので腰椎にかかる負担が大きくなります。そのため、腰椎周りの筋肉も損傷してしまうため、腰痛椎間板ヘルニアなどを起こしやすい環境になっているのです。

③関節のすり減り

骨と骨との間には関節が存在し、骨をなめらかに動かせるよう保ってくれています。しかし、骨が正しい位置にないと関節も正しく機能しないため、必要以上に消耗しすり減っていくのです。猫背の場合には背骨にすり減りが多くなるので注意が必要です。

④神経の損傷

体を動かす神経は主に首の付け根に集中しています。猫背の姿勢が続くと、血液循環も悪くなり、神経伝達も骨が曲がっていることで正しく行われないため、ホルモンバランスの崩れ自律神経の乱れを起こしやすくなります。

 

【今放って置くと、将来的に長い付き合いの病気を起こす】

矯正できる猫背をそのまま放って置くと、関節炎腰椎ヘルニア逆流性食道炎など長期間にわたって付き合っていかなければならない病気も併発するのです。特に、猫背の状態は内臓を内側に圧迫しているので、腸の機能も正常に働かなくなり、消化器官系の病気にもなりやすいでしょう。猫背の症状を少しでも軽くするには、やはり矯正が一番良い方法です。もし、普段姿勢が悪いといわれている人であれば、背筋を伸ばすようなベルトで固定する方法もあるでしょう。

 

背骨の健康を守るためにも、正しい姿勢を保つように心がけ年齢を重ねるごとによって起こる体調のリスク対策をしていきましょう。

 

(Photo by: [//www.ac-illust.com/main/detail.php?id=27570&word=%E9%AB%AA%E5%9E%8B%EF%BC%88%E5%A5%B3%E6%80%A7%EF%BC%89])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

猫背が及ぼす影響あれこれ

       ついつい癖で背中を丸めてしまう、そんな猫背に悩まされている人...

原因不明の慢性的な不調がある人はチェック!猫背が体に与える影響とは

パソコンやスマートフォンを見る時間が長くなってきている昨今では、つい猫背になっ...


ただの猫背じゃない!?脊椎カリエス!

    背骨が丸まっているのは姿勢が悪いから、という方が殆どですが、中には病...

猫背と病気の関係はあるの?

猫背とはひとくくりに背中が丸くなっている状態を言われていますが、実際には4種...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る