カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 骨盤 >
  6. 骨盤のゆがみを改善!寝ながらできるカンタン骨盤ストレッチ ★図解イラストあり

健康診断・健康管理

骨盤のゆがみを改善!寝ながらできるカンタン骨盤ストレッチ ★図解イラストあり

目をつぶったまま片足立ちで10秒以上、まったくふらつかずに立てるでしょうか?あるいは目をつぶったまま30回その場で足踏みをしろと言われたらできますか?

 

もしまっすぐ立っていられなかったり、足踏みをしていてどちらかの方向に移動してしまったという人は、その方向に骨盤がずれている可能性があります。

 

そんな人に寝っころがりながらできる骨盤ストレッチをご紹介します。

 

寝ながら骨盤ストレッチの方法

脚ひねりストレッチ

1. まずクッションの聞きすぎる場所や固すぎる床を避けて、仰向けに寝ます。その状態で足の裏を床につけて両膝をたてます。

2. この両膝をぴったりとくっつけたまま息を吐きながら、足をゆっくり右にひねります。このとき肩が床から離れないように注意してください。

3. 可能なところまでひねったら、息を吸いながらゆっくり足を戻します。

4. そして今度は左側に同じようにたおします。

 

この動作を左右のひねりの数が同じになるように行って下さい。全部1分程で十分です。ひねっているときに骨盤が歪んでいる人は左右どちらかのひねりにくさを感じると思いますが、その場合はできるところまで足をひねって、それ以上は無理をしないでください。

 

体ゆらし

1. 脚ひねりと同じように、まず仰向けに寝ます。

2. 両膝をまげて腕で抱え込み、体育座りのような恰好をします。

3. 両脚をしっかり抱え込んだまま、体をごろんごろんと前後にゆっくり揺らします。

 

これも全部で1分程でかまいません。揺れているときに呼吸を止めてしまわずに、動きに合わせて吸ったりはいたりをゆっくり繰り返してください。逆に言えばゆっくり呼吸ができるように、揺れる動きは激しくならないようにしてください。

 

骨盤のゆがみを正すのが目的ですので、無理してひねったり、運動のように激しく動いたりする必要はありません。1分だけでもじっくりゆっくり時間をかけて骨盤をストレッチしてあげてください。

 

「関節痛・腰痛」で人気の記事はこちら

●実は怖い?肩甲骨の痛みと病気との関係

(ストレッチイラスト by 運営 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨盤に関する記事

骨盤基本ストレッチ

  骨盤のゆがみは実に様々な痛みや悩みを引き起こします。人は骨格標本のようにき...

タオルを使って骨盤ストレッチ

  骨盤の歪みは腰痛のみならず、体型のくずれなどにも影響します。冷え性になった...


歩きながらストレッチ!

  骨盤の歪みが原因で、腰や背中の痛み、下腹がポッコリ、お尻が出っ張る、と...

お尻歩きストレッチで骨盤矯正

  骨盤が歪んでしまって困ることは、ポッコリお腹でしょうか?それとも便秘や冷え...

カラダノートひろば

骨盤の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る