カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 背中 >
  6. 背中ストレッチの注意点

健康診断・健康管理

背中ストレッチの注意点

 

ダイエットや凝り解消、あるいは健康維持の目的でストレッチを習慣にしている人はたくさんいると思います。ストレッチは筋肉をほぐしてくれるのはもちろん、筋肉がほぐされた分だけ代謝が上がり、エネルギー消費が多くなります。また代謝が上がるということはたまった疲労物質を流したまりにくくすることにもなります。ストレッチというと肩や足腰がすぐに挙がると思いますが、意外と忘れられているのが背中のストレッチです。

 

背中ストレッチの効果

背中の筋肉をほぐすことは慢性的な肩こりに特に有効です。また、背中の範囲は広く筋肉も大きいものが縦断しているため、全身の代謝アップにも一役かいます。さらには猫背対策や、背中の痛み緩和にも効果があります。

 

背中ストレッチの注意点

・勢いでストレッチしない

背中のストレッチを行うときに勢いをつけて筋肉を伸ばそうとする人がいます。たしかに、普段背中の筋肉を使わない場合、かなり動かすのに苦労すると思います。しかし、勢いをつけてストレッチをしようとすると、筋肉を傷める原因になります。背中のストレッチをするときは勢いを利用せず、自分の意思で筋肉を伸ばしたり縮めたりしてください。

・程よい力で

痛いと感じるまで伸ばすこともよくありません。ほどよく気持ちがいいと思う力で止めておいてください。

・痛みを感じたら×

ストレッチ中に背中の痛みを感じるようならストレッチを中止してください。もしかしらた骨や内臓に怪我や異常があるかもしれません。

 

どんな背中ストレッチをしても注意点は同じです。そういった注意点に気をつけながら、有効なストレッチを行って下さい。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/08/11-026049.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

バストアップにも効果的な肩甲骨ストレッチ

 背中の凝りや、筋肉の状態はバストの位置にも深く関係します。普段の生活では意識し...

背中から腰に掛けてのストレッチ

  背中から腰にかけての筋肉は人が活動するときの支えになる部分です。歩くときは...


手軽で簡単な肩甲骨ストレッチ!仕事の合間やテレビを見ながら

  猫背だったり同じ姿勢を長時間続けていると、肩甲骨がこってきます。痛みや違和...

テニスボールで背中をピンポイントストレッチ

ストレッチをしても中々効果が感じられないので、三日坊主で終わってしまうという方は...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る