カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 背中 >
  6. 肩こり改善♪ちょっとした時間にすぐできる!すっきり背中ストレッチ法 ★図解イラストあり

健康診断・健康管理

肩こり改善♪ちょっとした時間にすぐできる!すっきり背中ストレッチ法 ★図解イラストあり

 

肩こりというのは肩の筋肉を酷使しただけで起きるものではありません。もちろん肩の筋肉がこわばってしまって、血流不足になることでも起こりますが、首を酷使したり、背中の筋肉が凝ったりすることも原因となります。特に仕事や勉強をしていると背中の筋肉を大きく動かす機会はあまりありませんから、気が付いたときにストレッチするとよいでしょう。

背中のストレッチ

1.背中の筋肉を持ち上げます。 まず、両手を自分の頭上にまっすぐ挙げてください。このとき腕が耳のやや後ろにつくぐらいが良いです。

2.挙げた手を手首からひじのあいだで交差させます。このとき左右どちらが前になってもかまいません。

3.交差させた手が上に引っ張られているように意識して、ぐーっと腕全体を上

4.あがったところで秒停止してください。

5.糸が切られたように力をぬきます。

6.交差する手の前後を入れかえてもう一回行います。

 

このストレッチを数回行ってみてください。背中がすっきりすると思います。背中の凝りがひどい場合は手を交差できないこともあると思いますので、その場合は交差させずに行ってもよいです。続けていくうちにだんだん痛みがなくなって交差できるようになっていきます。

 

注意点

体が前後に傾いたり、腕が前や後ろに傾かないように注意しましょう。首が前に出すぎてしまうこともよくありますので注意が必要です。座りながら行う場合、手を交差させるのに気をとられて腰がそってしまうことがありますが、腰がそってしまうと骨盤に負担がかかるので気をつけてください。気づいたときに、ちょっとした時間にできるストレッチです。肩がこっている人は多くの場合、背中もこっていますから、「最近腕を思いっきり動かしたり、背中の筋肉使ってないな」と思ったら試してみてください。

 

(ストレッチイラスト by 運営 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

テニスボールで背中をピンポイントストレッチ

ストレッチをしても中々効果が感じられないので、三日坊主で終わってしまうという方は...

知らない間に凝った肩甲骨をほぐす

  日常生活で肩甲骨を使いますか?足は歩くときに使いますし、指や腕はパソコンを...


肩甲骨のコリをほぐすには「大胸筋」をほぐそう!

肩こりというと首の付け根の「僧帽筋」がこることが多いようですが、肩甲骨付近が...

首や肩甲骨に負担をかける「猫背」の解消ストレッチでこり解消

  スマートフォンやパソコンを見る機会も多い昨今、気づかないうちに猫背の姿勢が...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る