カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳管狭窄症 >
  5. 子どもの耳管狭窄症 ~扁桃腺肥大には要注意!!~

気になる病気・症状

子どもの耳管狭窄症 ~扁桃腺肥大には要注意!!~

【扁桃腺肥大とは?】

そもそも扁桃腺という場所は、鼻や口から侵入する病原体と闘う役割があります。リンパ組織の増殖によって肥大する病気が扁桃腺肥大です。扁桃腺は口蓋垂(のどちんこ)の左右にあります。肥大することで以下のような様々な弊害が出てきます。

◯いびき

◯睡眠時呼吸障害

◯耳管狭窄症

◯扁桃腺が腫れ、高熱を繰り返す

扁桃腺肥大は小学生の子供にとても多く見られます。中学生くらいになると、自然消滅するケースが多いからです。しかし上記の症状を見るとわかると思いますが、小学生の子どもにとっては辛いものとなります。睡眠時呼吸障害等を起こすと日常生活を正常に送ることができません。早めに知って治療をし、少しでも症状が緩和するといいですね。

 

【耳管狭窄症と扁桃腺肥大の関係は?】

特に耳管狭窄症の症状は、扁桃腺の肥大が耳管付近にある場合に症状が出ます。症状が現れるので、一般的に分かりやすい(本人が訴える)事が多いと思われます。

 

耳管狭窄症の症状(括弧は周りから見た時)

◯耳が聞こえにくい・・・(聞こえてないなと感じますか?)

◯詰まった感じ・・・(耳を掻いたり、指でほじる様な仕草をしていませんか?)

◯自分の声がよく聞こえる状態・・・(口を開ける仕草を何度も繰り返していませんか?)

本人は、毎日の事なので慣れてしまいます。周りの方が変化に気付く事がで重要です。ちょっとおかしいな、と思ったら耳鼻咽喉科に相談してみてください。

 

治療方法について扁桃腺は病原体と闘うリンパ組織なので、安易に切除することはありません。ただし睡眠障害などを起こしていたりする場合は、片方の切除などで様子を見る事があります。まずは相談してみて、今どの程度なのか状態を知りましょう。

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201115photo203post-415.html )

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳管狭窄症に関する記事

耳管狭窄症治療に使われる漢方薬・注意点!耳管狭窄症かわからないうちは漢方薬は使わない!

耳管狭窄症で換気がうまく出来ない耳管という組織は、換気の他にも不要物や異物の排...

思春期男子は耳の異変に要注意!

  思春期に耳の聞こえが悪くなったり、つまった感じがしたら要注意!! 耳の聞こ...


耳管狭窄症への鍼灸治療とは?

  耳周りの疾患に対しては鍼灸治療で効果が見られる事がよくあります。 そ...

カラダノートひろば

耳管狭窄症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る