カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 滲出性中耳炎 >
  5. 気をつけて!子どもに多い!滲出性中耳炎

気になる病気・症状

気をつけて!子どもに多い!滲出性中耳炎

そもそも滲出性中耳炎とは、鼓膜よりもさらに奥の中耳腔という場所に液体がたまる中耳炎の事を言います。この液体とは外部から入ってきたものではなく、耳内部の滲出液です。この液体がたまることで、耳の聞こえが悪くなってしまいます。

普通の中耳炎の場合は、耳に細菌が入り起こる炎症です。痛み発熱耳鳴り耳だれなど症状が顕著に現れます。この状態が続いたのちに、鼓膜の奥に液体が溜まった場合は、滲出性中耳炎です。痛みはほとんどありませんが、耳の聞こえが悪いという症状などの違和感が多いようです。

滲出性中耳炎に気付くために大人の場合、何だか耳の聞こえが悪いと気付くことがありますが、子どもの場合は7割~8割が自覚症状を訴えないと言われています。乳幼児においては、もっと気付くことが難しいと思われます。反対に、痛みのある急性中耳炎の場合は、親御さんがすぐに気付いてあげられるほど痛みを訴えます。

 

滲出性中耳炎の場合は、以下のような症状があらわれるので、気をつけてください。

話しかけても気付かない(鼓膜の働きが正常でない為)

子どもと同時に話した時、子どもは話を聞きとれない(自分の声が耳の内部に響いている為)

どこから発生している音なのか聞き取れない(鼓膜の働きが正常でない為)

耳をよくほじる(つまった感覚を取り除こうという仕草)

 

どんな子供に多いの?

風邪をひくたびに中耳炎を引き起こす

鼻炎・蓄膿症

扁桃腺肥大

乳幼児の場合は、人工栄養児

食べ物の好き嫌いが多い

以上のような子供に特に多いようです。風邪をひきやすい子どもは要注意ですね。

 

対処法

滲出性中耳炎は、中の液体を出すことで症状が緩和します。鼓膜切開が一般的なようです。鼓膜に穴を開けてそこから液体を抜き取ります。痛みがあり、嫌がる子供が多いですが、比較的安全な方法なのです。子どもはきっと耳鼻科を嫌がるようになるでしょう。しかし滲出性中耳炎は長期的な治療を行わないと難聴慢性中耳炎になることもあります。根気よく病院へ通う事が大事です。がんばりましょう。

 

(Photo by: //www.pakutaso.com/201309photo155post-2865.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

滲出性中耳炎に関する記事

ティンパノメトリー?聴力検査?滲出性中耳炎の検査方法

  滲出性中耳炎の疑いがあるときには2種類の検査で滲出性中耳炎かどうかを確かめ...

滲出性中耳炎の薬物治療~よく使われる薬とは?鼓膜切開って何?~

  滲出性中耳炎の治療には薬物を使った治療もあり、さまざまな薬が使われます。 ...


滲出性中耳炎を繰り返す場合に行われる手術とは?

  滲出性中耳炎は一度だけで終わる方もいれば何度も繰り返してしまう方もいます。...

滲出性中耳炎の後遺症で難聴の可能性が?!一体何%が難聴になるの?

  中耳炎とは耳の中に炎症が起きて膿がたまる病気で、子どもは急性中耳炎や滲出性...

カラダノートひろば

滲出性中耳炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る