カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ストレッチ >
  5. 背中 >
  6. 背中から腰に掛けてのストレッチ

健康診断・健康管理

背中から腰に掛けてのストレッチ

 

背中から腰にかけての筋肉は人が活動するときの支えになる部分です。歩くときは上半身のバランスを支えていますし、座っているときでも姿勢を維持してくれます。この部分の筋肉が固まっていたり衰えていると猫背になったり、骨や筋肉に負担をかけたりしてしまいます。たとえ筋肉がしっかりついていたとしても、背中から腰に掛けての筋肉が柔軟性を失うと、健康的にもよくありませんので、日ごろから適度なストレッチをしておくことが大切です。

 

 

ストレッチ1 膝をかかえる

まず仰向けに寝てください。

次に両膝を折り曲げて、寝っころがったまま体育座りのようにして、両膝を両手で持ちます。

このとき膝を抱える必要はありません。

膝に置いた手で、膝をゆっくりと胸の方に押しつけていきます。

このとき深く呼吸をしながら、苦しくない程度まで押しつけます。

そのまま静止して、10秒ほど止めてください。

 

ストレッチ2 腰を動かす

まず仰向けに寝てください。

1と同様にして膝を折り曲げます。ただし手は体の脇の地面につけて体を支えてよいです。

両脚を左右どちらかに倒します。

このとき背中は床につけたままで足だけを倒すようにしてください。足が床につく必要はありません。

倒せるところまで倒したらそのまま10秒ほどキープしてください。

反対の方向も同様に行います。

回数は出来る数だけやれば十分ですが、左右同じ回数やるようにしてください。

 

ストレッチ3 背中を伸ばす

四つん這いになります。両脚両腕を体の真下に伸ばすようにしてください。

腕は肩幅、脚はお尻の大きさくらいにちょっとだけ開けばよいです。

背中を床と水平な状態にします。

水平な状態から腹筋をひっこめて、背中を上にあげていきます。

ちょうど猫が威嚇するときのような恰好になります。

背中をめいいっぱい上に上げたら3秒静止します。

次は逆に、お腹を出すようにし、背中を反らせ、また3秒静止します。

これらをできる回数行って下さい。

 

 

背骨を意識しながら行うと効果があります。伸ばし方は自分の力次第ですので、痛くなるまで伸ばさないようにしてください。

 

 

 

(Photo by: [//free.gatag.net/2011/08/09/030000.html])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

背中に関する記事

背中ストレッチの注意点

  ダイエットや凝り解消、あるいは健康維持の目的でストレッチを習慣にしている人...

肩こり改善♪ちょっとした時間にすぐできる!すっきり背中ストレッチ法 ★図解イラストあり

  肩こりというのは肩の筋肉を酷使しただけで起きるものではありません。もちろん...


首や肩甲骨に負担をかける「猫背」の解消ストレッチでこり解消

  スマートフォンやパソコンを見る機会も多い昨今、気づかないうちに猫背の姿勢が...

オフィスでも簡単に出来る!頭を抱える・肩を回す、2種類のストレッチでカンタン☆肩こり解消

肩こりは、オフィスで働く人間にとっては、宿命ともいえるつらい存在です。毎日パソ...

カラダノートひろば

背中の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る