カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳梗塞 >
  5. 脳梗塞の後遺症に効くツボ

気になる病気・症状

脳梗塞の後遺症に効くツボ

 

 

 

 東洋医学では人間の体内には経絡という、「気(生命エネルギー)」「血(血液とその循環の働き)」の通り道が走っていると考えられています。
ツボは、東洋医学では「経穴(けいけつ)」といい、全身に365個あり、すべての経絡(内蔵の働きを全身に伝える連絡路)」上に点在する治療ポイントです。

ツボを刺激することで気、血、水の流れをととのえ、不快な症状を改善したり、体調をよくする効果があります。

 

脳梗塞の後遺症に効果のあるツボを紹介します。

 

ツボの見つけ方
指で触ったり、押したりしながら、反応を確かめてください。
押してみた時に痛かったり、逆に「気持ちが良い」と感じる場所がツボです。

 

ツボ押しのルール
1、力加減はソフトに。ツボを強く押せば効果があるものではありません。
2、毎日数回、短時間で。ツボ押しは1回1~2分、1日3~5回ずつ行うと効果があります。
3、空腹時や満腹時を避ける。空腹時のツボ押しは体の負担をかけます。また、満腹時は消化を妨げます。
4、熱やケガがあるときはしない。熱がある時やケガで炎症があるときは、悪化する可能性があるのでやめましょう。
5、ツボを押している最中や押した後に、のぼせなどを感じる時は、すぐに中断してください。

 

頭のツボ
百会(ひゃくえ)・・頭のてっぺんの左右の耳を結んだ線と顔の中心線の交差する点。頭痛・めまい・不眠に効果があります。
*頭のツボは中指の腹で押してください。


のツボ
風池(ふうち)・・・・首の後ろから頭蓋骨の下を骨に沿った左右のくぼみの真ん中。疲労回復・精神疲労・ストレスに効果的です。


天柱(てんちゅう)・・首の後ろの髪の生え際、2本の太い筋肉の外側にあるくぼみ。肩こりや頭痛に効果があります。


肩井(けんせい)・・・肩の付け根と肩の先端のちょうど真ん中。肩の筋肉が一番盛り上がっている部分。肩こりや腕が上がらない時の症状に効果的です。

 

のツボ
曲池(きょくち)・・・手の甲を上にして、ひじを曲げた時にできるシワの一番はし。手のしびれや腕の痛みに効果があります。


のツボ
足三里(あしさんり)・・膝の皿の下、小指側の端から指4本下にあります。足の疲れやだるさに効果があります。
風市(ふうし)・・・・・太ももの外側の真ん中。まっすぐ立って両手を伸ばしたとき、中指の先端が触れる位置。血行をよくし、足の疲れや痛みに効果があります。

 

 

脳梗塞の後遺症の改善のひとつとして、家で1人で簡単にできるツボ押しはいかがでしょうか。 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/20-376472.php?category=186 )

 

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳梗塞に関する記事

暑い季節、脱水症状にご用心!脱水予防で水分を補給する時の注意点

  暑い時期や運動したあとには水分補給が必要です。 脱水症状になると、血液の濃度...

サプリメントで脳梗塞予防②

      脳卒中の予防は規則正しい食事・適度な運動・休養が必要と言われて...


脳梗塞予防にアロマで質の良い睡眠をしてみませんか?

  脳卒中の発作は強いストレスを感じた時に起きやすいと言われています。ストレス...

お酒と上手に付き合って脳梗塞予防、再発防止

   脳梗塞の予防と再発防止にはお酒の頻度や量との関わりが重要です。 お酒と...

カラダノートひろば

脳梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る