カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳卒中の後遺症とリハビリテーション 後遺症に効くツボも

気になる病気・症状

脳卒中の後遺症とリハビリテーション 後遺症に効くツボも

 

東洋医学では人間の体内には経絡という、「気(生命エネルギー)」と「血(血液とその循環の働き)」の通り道が走っていると考えられています。

ツボは、東洋医学では「経穴(けいけつ)」といい、全身に365個あり、すべての経絡(内蔵の働きを全身に伝える連絡路)」上に点在する治療ポイントです。

 

ツボを刺激することで気、血、水の流れをととのえ、不快な症状を改善したり、体調をよくする効果があります。

 

脳梗塞の後遺症に効果のあるツボを紹介します。

 

ツボの見つけ方

指で触ったり、押したりしながら、反応を確かめてください。

押してみた時に痛かったり、逆に「気持ちが良い」と感じる場所がツボです。

 

ツボ押しのルール

1、力加減はソフトに。ツボを強く押せば効果があるものではありません。

2、毎日数回、短時間で。ツボ押しは1回1~2分、1日3~5回ずつ行うと効果があります。

3、空腹時や満腹時を避ける。空腹時のツボ押しは体の負担をかけます。また、満腹時は消化を妨げます。

4、熱やケガがあるときはしない。熱がある時やケガで炎症があるときは、悪化する可能性があるのでやめましょう。

5、ツボを押している最中や押した後に、のぼせなどを感じる時は、すぐに中断してください。

 

頭のツボ

百会(ひゃくえ)・・頭のてっぺんの左右の耳を結んだ線と顔の中心線の交差する点。頭痛・めまい・不眠に効果があります。

*頭のツボは中指の腹で押してください。

 

首のツボ

風池(ふうち)・・・・首の後ろから頭蓋骨の下を骨に沿った左右のくぼみの真ん中。疲労回復・精神疲労・ストレスに効果的です。

 

天柱(てんちゅう)・・首の後ろの髪の生え際、2本の太い筋肉の外側にあるくぼみ。肩こりや頭痛に効果があります。

 

肩井(けんせい)・・・肩の付け根と肩の先端のちょうど真ん中。肩の筋肉が一番盛り上がっている部分。肩こりや腕が上がらない時の症状に効果的です。

 

腕のツボ

曲池(きょくち)・・・手の甲を上にして、ひじを曲げた時にできるシワの一番はし。手のしびれや腕の痛みに効果があります。

 

足のツボ

足三里(あしさんり)・・膝の皿の下、小指側の端から指4本下にあります。足の疲れやだるさに効果があります。

風市(ふうし)・・・・・太ももの外側の真ん中。まっすぐ立って両手を伸ばしたとき、中指の先端が触れる位置。血行をよくし、足の疲れや痛みに効果があります。

 

脳梗塞の後遺症の改善のひとつとして、家で1人で簡単にできるツボ押しはいかがでしょうか。

 

急性期?回復期?維持期? 脳卒中の病期ごとのリハビリテーションの役割

脳卒中で後遺症が残ると、リハビリテーションが必要になることが多いです。

リハビリテーションでは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師が主に携わって機能、能力の改善に努めます。

 

急性期(2~4週間程度)

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師がベットサイドから介入します。ベットサイドでの動作が安定してきたら、訓練室に移動して行うこともあります。

・関節が硬くならないように、関節可動域訓練(関節を他動で動かす訓練)

・床ずれが起こらないように、体位交換

・病状が安定していれば、麻痺側の機能訓練

・全身状態を確認しながら、できるだけ早期から起き上がりや座位の訓練

・自分の身の回りの事ができるように、食事動作、整容動作の練習

・食べ物や飲み物が飲み込みづらい時には、嚥下訓練(飲み込みの練習)

 

回復期(病状が安定後、回復期病棟がある病院に転院したり、転棟したりすることが多い)

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師が介入します。機能訓練は訓練室で行うことも多いですが、食事や着替え、入浴やトイレ動作など、実際の場面でどのように行ったら良いかなど練習したり、指導することもあります。

・麻痺側の上肢、下肢、体幹の機能訓練

・起き上がり、座位、車いすへ移動するなど基本動作の訓練

・立位練習、床からの立ち上がりなど自宅で行うことが多いような応用動作の練習

・歩行訓練(杖、下肢装具使用、独歩、屋外やでこぼこした道など応用歩行 など)

・片手での動作など代償的な動作の練習

・自分の身の回りの作業(食事、着替え、トイレ、入浴、整容など)の練習

・自分の役割動作の練習(家事、仕事など)

・趣味など余暇活動の動作の練習

・失語症があれば、言語訓練

・自宅環境の調整(自宅退院した時に困らないような環境を自宅訪問などして調整する)

 

維持期(自宅や施設などへの退院後)

理学療法士、作業療法士などが関わることもありますし、自主訓練や家族と一緒に行ったり、訪問の看護師、介護福祉士、介護支援専門員などと行ったりもします。自宅や施設などの生活の場での訪問リハビリテーションや通所リハビリテーション、デイサービスなどを利用することもあります。

・身体機能や精神機能の維持向上

・生活の中で困ったことがあれば、それに対する動作の練習や環境調整

・自分自身の趣味などの楽しみの再獲得

 

実際のリハビリテーションの内容は、ひとりひとりの能力と生活環境によって変わってきます。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などと相談しながら、オーダーメイドのプログラムで機能、能力の向上がはかられます。

 

脳卒中は退院してからも大事!維持期でも大切なリハビリテーション

家族が、あなたが、もし脳卒中になったら…。入院、転院。そして退院。リハビリテーションともおさらば。そう思っていませんか?リハビリテーションは退院してからの維持期でもとても大切なのです。

 

維持期とは?

主に退院して、自宅や施設などで暮らし始めてからのことをいいます。「維持」期であるので、自分の体の機能、能力を維持していくことはもちろん、入院中にはわからなかった不自由な動作の練習や、工夫をしていくことが必要になってきます。

 

維持期でのリハビリテーション

身体機能の維持

・入院中に覚えたり、退院時に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に指導された自主訓練を行う

・1日15分程度、週4回は適度な運動をしましょう

・麻痺側の手足を忘れないで大切にしましょう

・1日の終り、運動の後、麻痺側の筋肉や関節は硬くなりがちです。ゆっくりとストレッチしたり、さすってあげるだけでも、柔らかくなります。

 

身の回りの事をできる能力を維持

・自分でできることは自分で行います

・入院中にはできなかったことも、慣れた自宅の環境で、時間に追われていなければできることもあります

・入院中にできたけど、自宅では環境が変わってできないことは自分のやりやすいように環境を整えて練習します

→自分自身の負担になり過ぎない程度から始めて生活のリズムを整えましょう。自分では時間がかかりすぎて、自分の楽しみの時間を持てないなど負担になるようであれば、無理せず手伝ってもらいましょう。

 

自分の役割を維持

・家事の中の一つの作業だけでも担当してみるなど、自分の役割を持ちましょう

・家族の方は手伝いすぎないようにしましょう。時間がかかるからと言って手伝いすると身体機能の低下につながります。

→どんな小さなことでも責任をもって成し遂げることは充実感が得られて、日々の生活にメリハリがつきます。

 

自分の楽しみを維持

・元々の自分の趣味に挑戦してみる

・病院やデイサービスなどで見つけた関心のあることに挑戦してみる

・勧められたことを少しだけやってみる。意外と自分にあっていて新たな能力が見つかることも

→料理が趣味であれば台所に立つだけでなく、レシピを調べたり、レシピを作ったり、人に教えたりなど、自分が楽しめることを視点を変えて探してみましょう。

 

リハビリテーションは、ただ単に体の機能を向上させることだけが目的ではありません。その人がその人らしく生きていくための方法を医療者や家族、福祉関係者などと一緒に取り戻すことです。できないことも増えるかもしれませんが、新しい視点で物事を捉えることができるようにもなるかもしれません。

 

脳卒中の後遺症はどんな症状なの?②

脳卒中の後遺症は、損傷をうけた場所によって後遺症が異なります。

脳卒中の後遺症をまとめました。

 

脳卒中の後遺症

うつなどの精神障害

脳卒中の後遺症は、うつ病、夜間せん妄、不眠症、認知症といった精神面にあらわれることがあります。

原因は、脳の損傷の影響や病気のショックといったものがあります。

 

感情失禁は、感情の起伏が激しくなります。また、極端に頑固になったり、粗っぽくなります。

 

うつは、脳卒中の発症後、少したってから起こることが多く「脳卒中後うつ」、「血管性うつ」と呼ばれることがあり、症状によってカウンセリングや薬物療法をします。

 

気持ちが落ち込む、物事への興味がなくなる、食欲不振、不眠、疲れやすいといった症状が続きます。

 

麻痺で身体が自由に動かないことによる運動不足や生活リズムの変化から、寝つきが悪い、夜中や早朝に目が覚めるといった不眠が起こります。

睡眠時無呼吸症候群が関係していることがあるので、睡眠中に大きないびきをかく、無呼吸になる時は早めに医師に相談しましょう。

 

夜間せん妄は、夜になると、急に興奮して騒いだり、意味がわからない言動がみられます。せん妄があるときは薬物療法(睡眠薬、向精神薬)をします。

 

幻覚は、実際にないものが見える、聞こえるといった幻視や幻聴が起こります。せん妄と一緒に起こることがあります。

 

排尿障害

頻尿、失禁、尿が出にくいという症状が起こります。

 

脳梗塞の後遺症で多いのは、頻尿です。

頻尿は、膀胱に十分な量の尿をためることができず、すぐに尿意を感じます、また、尿意を我慢しきれずに失禁してしまうことがあります。頻尿は薬物治療(抗コリン薬)できますが、前立腺肥大がある人は尿が出なくなることがあります。

また、膀胱の筋肉が麻痺し、たまった尿を押し出すことができずに、うまく排尿できないといったことも起こります。

 

痛みやしびれ

傷などがないのに痛みを感じる疼痛障害があります。

脳梗塞の発症後、一定の期間を過ぎてからつよく現れます。また、体調や季節の変化で症状が変わることがあります。

 

脳梗塞は後遺症になることが多い病気です。また、後遺症の種類や程度は1人、1人異なります。

 

後遺症が残っても、あきらめずにリハビリを続け、現在の機能を維持できるようにしましょう。

 

脳梗塞などで片麻痺になった時の生活は?自助具でらくらく!片手でもできる日常生活動作

もし自分自身が片麻痺になって、もし家族や友人が片麻痺になって、自分の身の回りの日常生活の動作(ADL)に困っていたら、身体機能の回復だけでなく、リハビリテーションで様々な方法を指導されたり、自助具という便利グッズを紹介されたりするでしょう。

 

ここでは、自助具の一例をまとめます。

 

着替え

自助具なしでも、麻痺側から着ることを覚えるとできることも多いです。チャックを締めたり、ワイシャツの袖のボタンを締めるときに困ることが多いと思うので工夫を紹介します。

 

チャック

・伸縮性のあるものであれば、チャックを半分くらいまであげた状態にしておいてかぶり服として着る。

・チャックのなるべく近くを紐のついた目玉クリップで挟んで、紐の端を足で踏んで固定、チャックを連結させて引き上げる。

 

ワイシャツ

・袖の見えない部分に、袖が合わさって見えるようにゴムを縫いつけておく。ボタンホールの部分にもボタンを付けておくと、袖が伸縮して通すことができて、ボタンを締める必要もない。

 

食事

・縁の高い鉢などを利用する:すくいやすく、集めやすいように

・滑り止め効果のあるランチョンマットを利用する

・利き手交換がまだ難しい人や、利き手の軽い麻痺の人は、ピンセットのような形になっているらくらく箸を利用する

 

自助具はし

・外食でらくらく箸のないときは、ティッシュと輪ゴムと割り箸があれば代用も可能です(画像参照)。

1,ティッシュを縦に3回折って、端から丸めて円柱状にする

2,割り箸を割って、箸の頭から3cm程度のところに1のティッシュを挟める

3,ティッシュより箸の頭側1cm程度のところを輪ゴムで巻く

4,輪ゴムの巻き加減で、張力を調整して、挟みやすいようにしてください

 

入浴

・シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはポンプ式の容器に入れる

・大きな輪になった体を洗う用のタオル(市販のものを2本つなげてもOK)を使うと体に巻き付けて背中も洗える

・少し麻痺側の手を使える人は、タオルの両側にループをつけておくと、それに指を引っ掛けるなどしてタオルを支えることができる

・長い柄のついたボディーブラシを使う

・洗顔ブラシやネットを使って泡立てる

 

整容

・髭剃りは電動のものを使用する

・うがい用のコップをシリコン製にしたり、柔らかいプラスチック製のものに溝を掘っておいて、歯ブラシを置くと清潔で、歯磨き粉がつけやすい

・化粧水などはコットンを使用する(パッティング用のスポンジも市販されています)

・アイライナーやアイブロウは繰り出し式のものを使用する

・ヘアスタイリング剤はキャップを外して置いておけるスプレータイプが使いやすい

 

福祉用具としての自助具だけでなく、現在は100円均一をはじめ様々な便利グッズが市販されています。市販のグッズは元々、一般的に使いやすいように開発されているので、家族も一緒に使えるでしょう。

 

脳卒中などで片麻痺になっても主婦はできる!片手でもできる家事の工夫

脳卒中などで片麻痺になってしまったら、主婦としての役割が何一つとして出来なくなると思い込んでいる方もいるかもしれません。病気になる前と全く一緒に、とはいかないかもしれません。でも、工夫次第で考え方次第でいくらでも方法はあります。

 

調理

・釘付きまな板:木のまな板の後ろから釘を3本、三角形になるように打つ。まな板に3本の刺が出ているような状態。その刺に食材を固定して切る。固定したまま皮をむくこともできる。

・お椀に布巾などを引いて滑りにくくして、丸い野菜や果物を入れると、くるくると回しながら片手で皮が向ける。

・チョッパー、フードプロセッサー:みじん切りの時などに役に立つ

・少し重めのお鍋:片手で食材を混ぜてもコンロの上から簡単には落ちないようにする。

・滑り止めマット:食器を洗うときに下にひいて食器が動かないようにしたり、ボールなどの下にひいて和えたり、混ぜたりするときに使う

・引き出しを利用する:瓶や缶を開けるときは浅い引き出しに入れて、体で押し付けて固定する。引き出しの内側に滑り止めマットを引いて固定を強くしたりするとより開けやすい。

・食器洗い用たらいを利用する:小さい食器などを洗うときは特に、ボールやたらいに布巾を引いて、その中に入れて洗うと洗いやすい。

・食器拭き:布巾の上で拭くと拭きやすい。

・食洗機を利用する

 

洗濯

・ハンガーラックを利用する:1つづつのハンガーにかけることは難しくても、ハンガーラックならハンガーが固定されているので大丈夫

・市販の片手で干せて、引っ張ると一気に外れる洗濯バサミを利用する

・洗濯洗剤ははからなくていいキューブタイプか、粉洗剤がはかりやすい

 

掃除

・雑巾を絞るときは蛇口に引っ掛けて捻るなどして絞る

・雑巾でなくても、市販のウェットティッシュで代用。除菌もできるものもあるので一石二鳥。

・麻痺側の手で掃除機をかけるときは、肘を伸ばすことを意識してかけると、肩や手首が痛くなりにくい

 

以上、一例ではありますが、様々な方法があります。その人の生活環境によって変わってくるとは思いますが、その人それぞれで工夫していることもあるので、作業療法士などのリハビリテーションスタッフに聞いたり、患者同士の情報交換で解決されてその人らしく生活している人もたくさんいます。

 

脳卒中後も身の回りの事を自分で自分でできる!片麻痺の代償動作とは?

脳卒中になって片麻痺になってしまったら、片手で自分の事をするなんて無理、想像できない!と思っている方も少なくないかもしれません。リハビリテーションでは、主に作業療法で麻痺をした上肢、下肢、体幹の機能訓練とともに、自分の身の回りの事を自分でできるように模擬動作の練習や、実際の場面での動作練習を行います。

 

代償動作の獲得

病気になる前とは順序が変わったり、方法が変わったり、自助具という便利グッズを使ったりして新たな方法で身の回りの事(日常生活動作:ADL)を行えるように、動作の方法を獲得することをいいます。以前のやり方では行いづらい事を中心に練習します。

 

代償動作の一例

着替え

着るとき:麻痺側→(頭→)非麻痺側の順番で着る

脱ぐとき:非麻痺側→(頭→)麻痺側の順番で脱ぐ

トップスの袖に麻痺側を通すときはできるだけ、麻痺している腕を伸ばして袖に通すイメージで着ると、肘が曲がりにくくなります。ズボンを履いたり、靴や靴下、下肢装具を履くときは、麻痺側の足を上にして組んでから履くとスムーズに履けます。麻痺側の手はできるだけ添えて動作に参加させます。

 

食事

利き手の交換練習を行ったり、道具を工夫したりします。食器が滑らないように、滑り止めマットをひいたり、すくいやすいような器にするなどです。麻痺側の手は、膝の上に置かずテーブルの上に置くことで姿勢も安定します。

 

トイレ

非麻痺側の手でもしっかりと上げ下げできるように練習します。特に、臀部と麻痺側の腰の部分が上がりにくいので、非麻痺側を腰回り全部に回せるように練習が必要になります。立位でズボンを下ろすときに、不安定な場合は手すりが必要なことがあります。便座は洋式が望ましいです。

 

整容

道具の工夫をすることが多いです。

・洗顔には小さなタオルや洗顔ブラシを使う

・爪切りは爪やすりで削るか、台に固定された自助具の爪切りを使う

・手洗いはハンドブラシを洗面台に吸盤で固定しておく など

 

入浴

道具の工夫をしたり、浴槽への入り方を工夫します。

・体を洗うときには、柄付のブラシを使ったり、両側にループを付けた長めのタオルを利用する

・腰掛け椅子は高めのもので浴槽と同じくらいの高さが望ましい

・浴槽の縁に手すりをつけて

・浴槽の高さの調整をする

・浴槽には麻痺側から入って麻痺側から上がる

・タオルは水道の蛇口や手すり、S字フックなどを設置しておいて、そこに引っ掛けてねじって絞る

 

片手だけでできないと思い込んでいることも、工夫次第でできることもたくさんあります。自助具は福祉用具として市販されているものもありますし、作業療法士が作成することもあります。また、患者本人や家族の方が使いやすいように工夫されることもあります。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/02/20-376472.php?category=186 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳・神経に関する記事

本人に自覚なし!?脳外傷で起こりやすい高次脳機能障害 血栓性脳梗塞?って何?

家族が思わぬ事故。なんとか一命を取り留めて、体も今までどおりに動かるようにな...

難治性てんかん治療に有効?「スーパー糖質制限食」とは~大人のてんかん治療の注意点~

  近年の岡山大学の研究で、てんかんへの「ケトン食療法」の作用機序が解明され、...


脳出血は後遺症が残るの?くも膜下出血の後遺症~神経症状~

  脳出血は、脳内で血管が破れて出血するという病気です。   高血圧の...

カラダノートひろば

脳・神経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る