カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳梗塞 >
  5. 日本人に一番多いラクナ梗塞って何?

気になる病気・症状

日本人に一番多いラクナ梗塞って何?

 

 脳梗塞は血管が詰まる原因によって、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞の3つのタイプがあります。
ラクナ梗塞は、日本人に多く、脳梗塞全体の約35%を占めています。
これは日本人は、細い血管が動脈硬化になりやすい遺伝的な特徴が原因だと言われています。
ただ、最近ではラクナ梗塞は減少傾向で、アテローム血栓性脳梗塞や心原性脳梗塞が増加傾向と言われています。


ラクナ梗塞についてまとめてみました。

 

ラクナ梗塞って何?

・脳の深部にある直径0.1~0.3mmの細い動脈(穿通動脈)が、動脈硬化によって厚くなり、血管の中が狭くなったり、詰まって起こる直径15mm以下の梗塞のことをいいます。

 

 

ラクナ梗塞の発作

・発作の前触れとして、一過性の麻痺、片目の視力障害が起こります。


・発作は比較的ゆっくり進行し、アテローム血栓性脳梗塞や心原性脳梗塞と違い、大きな発作が起こることはありません。


・症状は、体の左右のどちらかの手足が麻痺して動かなくなる運動麻痺、体の左右どちらかの半身にしびれや感覚のにぶさが出る感覚麻痺で、1回の発作だけなら軽症で予後が比較的良好です。


・繰り返し梗塞を起こしたり、知らないうちに梗塞が増えると「脳血管性認知症」、「パーキンソン症候群」の症状が現れることがあります。

 

 

ラクナ梗塞の起こりやすい年齢と原因は?

・40歳以上で多発しやすいと言われています。

・最大の原因は、動脈硬化を促進させる高血圧です。糖尿病、脂質異常症、喫煙も危険因子です。

 

ラクナ梗塞はいつ発症するの?

・ラクナ梗塞の発症の誘引は、急激な血圧の低下、脱水、感染症による血液の濃縮と言われています。


睡眠中や安静時の両方で起こります。

 

 

最近は脳ドッグの普及によって、症状がまだ現れていないラクナ梗塞(隠れ脳梗塞)が発見されるようになりました。
40歳を過ぎたら、脳ドッグを受診し、早期発見・早期治療をしましょう。 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/15-376399.php?category=186 )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳梗塞に関する記事

血栓予防薬の『イグザレルト錠』使用で、肺炎発症の可能性

  『イグザレルト錠』風邪様症状が出た際には速やかに中止   近年、不...

危険!喫煙で脳卒中のリスクが増大!!

  日本の脳卒中患者数は、2013年現在で250万人以上と言われています。...


脳卒中は退院してからも大事!維持期でも大切なリハビリテーション

  家族が、あなたが、もし脳卒中になったら…。入院、転院。そして退院。リハビリ...

脳梗塞の後遺症に効くツボ

       東洋医学では人間の体内には経絡という、「気(生命エネルギー)...

カラダノートひろば

脳梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る