カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 急性中耳炎 >
  5. 放置すると難聴に?急性中耳炎/慢性中耳炎/浸出性中耳炎とは

気になる病気・症状

放置すると難聴に?急性中耳炎/慢性中耳炎/浸出性中耳炎とは

幼いころ、中耳炎になった方は多いかと思います。自然に治った方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、注意が必要です。中耳炎について見ていきましょう。

 

中耳炎とは

耳の違和感や痛みから始まり、耳漏や難聴を引き起こす病気です。原因は、細菌などが中耳や耳管に入り炎症を起こすからです。

風邪を引いたときになりやすいのは、鼻やのどに付着した菌が耳にも炎症を起こすためです。

 

中耳炎は大きく分けて3つに分かれます。

 

●急性中耳炎

子どもに特に多くみられます。

細菌などが中耳や耳管に入り炎症を起こし、耳痛・耳漏・発熱・耳鳴り・難聴などの症状が現れます。

幼児は、痛みにより不機嫌になったりもします。比較的成人は熱が出ないことの方が多いようです。

 

●慢性中耳炎

急性中耳炎になり、炎症が3カ月以上続く状態です。

痛みや発熱はほとんどありませんが、耳漏や難聴の症状があります。

 

●滲出性中耳炎

急性中耳炎が治った後に、中耳内に滲出液がたまった状態です。

特に子どもは多いようです。

中に溜まった滲出液を外に出す処置をしなくてはなりません。

 

急性中耳炎が軽度の時に治療をすればほとんどの場合完治できます。

なるべく軽度の時に、耳鼻科を受診することをお勧めします。

 

治療方法

軽度の場合は、薬物治療で治せます。早い段階で処置をすれば、慢性中耳炎や滲出性中耳炎を引き起こす可能性は格段に減ります。

 

初期段階での治療法は、解熱鎮痛剤や抗生物質を使用します。

中耳炎を引き起こすウイルスは、肺炎球菌やインフルエンザウイルスが大半を占めているからです。適切な薬を使用する為に、必ず専門医を受診するようにしましょう。

 

放っておくと難聴にもなる『中耳炎』ですが、正しく知って、治療していくことが大事です。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●耳の奥の痛みは緊張型頭痛が原因?~緊張型頭痛に多い症状~

 

(Photo by://kids.wanpug.com/

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

急性中耳炎に関する記事

中耳炎の痛み、耳抜きで解消しよう!

風邪をひいたあと、耳がつまったような感覚になったことはありませんか? もし...

慢性中耳炎で破れた鼓膜は「鼓膜形成術」で細菌感染の予防が必要

      「鼓膜形成術」で細菌の再感染の予防が必要   中耳炎になっ...


子どもの急性中耳炎に気付くためにどうすれば良い?

    急性中耳炎は、早い段階で処置をすれば、滲出性中耳炎になる可能性が減ります...

急性中耳炎に要注意!

      急性中耳炎とは、細菌などが中耳内に入り炎症を起こし、耳痛・耳漏...

カラダノートひろば

急性中耳炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る