カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護療養型医療施設 >
  5. 介護療養型医療施設を知ろう!入所条件は?費用は?

介護・認知症

介護療養型医療施設を知ろう!入所条件は?費用は?

介護療養型医療施設の概要をまとめました。

 

医療面の充実が特徴

介護療養型医療施設は、何らかの病気を患っているが、容態が安定している人のための長期療養施設です。

療養病床には、「医療保険型療養病床」もありますが、こちらには医療保険が適用されます。介護療養型医療施設は、介護保険が適用されるという点が異なります。

医療的なケアを要する人のための施設なので、他の介護施設に比べて高度な医療が受けられます。

痰の吸引・胃ろう・酸素吸入・経管栄養・カテーテルといった措置も可能で、他の介護施設では断られるような人でも入所できます

認知症への対応は、施設によって異なります。重度の認知症でも入所できるところもあります。

 

 

利用できる人

介護保険を利用するため、要介護1以上の認定を受ける必要があります。

医療措置を受ける施設なので、病後の人、特に重度の人が優先的に入所できます。

対象となる疾患は、脳血管性疾患(例:脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)・がん・心臓疾患・認知症が中心。他の病気にも対応しています。

 

 

費用(月額・目安)

施設や居住地域、要介護度によって異なります。

相部屋は7万円台~9万円台、個室は9万円台~11万円台が主流です。

よりプライバシーに配慮したユニット型は、準個室が11万円台~13万円台、個室が12万円台~14万円台が中心です。

介護療養型医療施設は、相部屋が大半です。

費用の内訳は、賃料(家賃)・食費・介護保険1割負担額・雑費です。医療ケアが充実しているので、医療費が高くなります。

 

 

なお、介護療養型医療施設は2017年度末までに廃止の決定がなされています。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/11/23-010458.php )

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護療養型医療施設に関する記事

「介護療養型医療施設」への入居はどんな人が対象なの?

  介護療養型医療施設とは、医療サービスに重点を置いた介護施設です。看護や医学...

介護療養型医療施設のここに注意!きちんと理解して正しく利用しよう!

 介護療養型医療施設を利用する際に気を付けたい点をまとめました。   1...


医療行為を必要ないのに長期入所?廃止に向かう介護療養型施設

  介護療養型医療施設とは介護保険の介護給付によって受けられるサービスであり、...

「療養病床」と「老人性認知症疾患療養病棟」の違いについて

  介護療養型医療施設は、介護老人保健施設と同様に介護保険における施設サービス...

カラダノートひろば

介護療養型医療施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る