カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護療養型医療施設 >
  5. 介護療養型医療施設のここに注意!きちんと理解して正しく利用しよう!

介護・認知症

介護療養型医療施設のここに注意!きちんと理解して正しく利用しよう!

 介護療養型医療施設を利用する際に気を付けたい点をまとめました。

 

1.費用が高い

手厚い医療ケアが受けられるというメリットの反面、医療費が高くなるデメリットもあります。

月額料金の目安は、9万円から十数万円。20万円前後になる施設もあります。

あまり医療ケアを必要としない人には、割高に感じるかもしれません。

 

2.認知症の対応には差がある

基本的には、認知症の人も入所可能です。

認知症ケアに力を入れている施設なら、症状が進行しても安心して任せられます。

しかし重度の認知症や、問題行動を繰り返す人に対して退去を求める施設もあります。

※入所前に、認知症への対応を確認してください。

 

 

3.医療面以外のケア

介護療養型医療施設で受けられるのは、高度な医療ケアに加え、生活全般に対する援助です。入浴・食事・排泄の介助などが含まれます。

ただ、「療養」が目的なので、レクリエーションといった生活面も充実しているかは、施設で差があります。

どの程度、リハビリが行われるかも決められていません。

デイサービスやショートステイのように趣味を楽しみたい、介護老人保健施設のようにリハビリをしっかりしてほしいという希望があれば、それに適した施設を選ぶ必要があります。

他のタイプの介護施設も含めて検討してください。

 

 

4.最長でも2017年度末で終了

医療制度改革に伴い、介護療養型医療施設は2017年度末で終了します。

長期にわたっての施設入所を検討しているなら、要注意です。

2017年度末までに他の施設に移るのか、在宅に切り替えるのかなど、数年先を見越した介護計画を立てなくてはなりません。

 

以上の点に留意して、利用を検討してください。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/07-373882.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護療養型医療施設に関する記事

「介護療養型医療施設」への入居はどんな人が対象なの?

  介護療養型医療施設とは、医療サービスに重点を置いた介護施設です。看護や医学...

介護療養型医療施設を知ろう!入所条件は?費用は?

介護療養型医療施設の概要をまとめました。   医療面の充実が特徴 介護療養...


医療行為を必要ないのに長期入所?廃止に向かう介護療養型施設

  介護療養型医療施設とは介護保険の介護給付によって受けられるサービスであり、...

「療養病床」と「老人性認知症疾患療養病棟」の違いについて

  介護療養型医療施設は、介護老人保健施設と同様に介護保険における施設サービス...

カラダノートひろば

介護療養型医療施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る