カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 養護老人ホーム >
  5. 親を老人ホームに入れたい…養護老人ホームの申込から入所までの流れって?

介護・認知症

親を老人ホームに入れたい…養護老人ホームの申込から入所までの流れって?

 養護老人ホームは福祉施設のため、入所方法が他の介護施設と異なります。

大まかな流れと費用について説明します。

 

 

入所までの流れ

直接、施設に申し込むのではなく、自治体の福祉窓口に相談してください。

申し込めるのは本人か、家族です。

 

申込書の他、さまざまな書類を提出します。

自治体によって違いますが、収入申告・年金等証書・戸籍謄本・住民票・診断書(身体・精神)・健康保険証・介護保険証・所得課税証明書などが一般的です。

ほかにも生活歴や親族の状況、民生委員による意見書で、どのような生活を送っているのか調査されます。

 

これらの書類をもとに、入所判定会議(審査会)で入所の可否が判定されます。

その結果が、入所を希望する施設の名簿に反映されます。施設に空きがでたら、名簿の順位に従って、順次入所が決まっていきます。

入所できることになれば、施設から本人か家族に連絡が入り、意思確認の後に入所手続を始めます。

 

 

費用の算出方法

経済的に困窮している高齢者が対象なので、費用の負担は収入の多寡で異なります。前年度の収入をもとに算出します。

年金などの収入の合計(年額)から税金・介護保険料など控除額を差し引いた金額が、負担額算定の対象になります。

費用の目安は、月に0~15万円です。

 

 

扶養義務者

算定された費用を利用者本人が支払えない場合、扶養義務者がいれば負担を求められます

負担額は、扶養義務者の課税状況から決まります。ここでいう扶養義務者とは、入所者本人と同居していた配偶者か子どもです。

 

 

入所要件・必要書類は地域によって異なります。居住する自治体の福祉窓口へ問い合わせてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/05-376888.php )

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

養護老人ホームに関する記事

自立支援を目的とした福祉施設?養護老人ホームについて

  <養護老人ホームってどんなところ?>   養護老人ホームは、特別養護老...

介護施設というより老人福祉施設?養護老人ホームの目的とは

  養護老人ホームは特別養護老人ホームなどの様な介護施設とは一線を画する施設で...


介護保険の施設ではない?どんな人が養護老人ホームに入所できるの?

        養護老人ホームは、市町村の管轄の社会福祉施設ですが、介護...

養護老人ホームについて知ろう!費用や入所方法は?

 養護老人ホームの概要をまとめました。   養護老人ホームは介護保険施設...

カラダノートひろば

養護老人ホームの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る