カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. >
  5. 手にある奇穴いろいろ

健康診断・健康管理

手にある奇穴いろいろ

 

 

 ツボには経脈に属さない奇穴(きけつ)と呼ばれるものがあります。

14経脈に属するツボは各々が連絡する臓腑に関連した効果を発揮しますが、奇穴は“特定の疾患に対して特別な効果がある”“特有の取穴法がある”といった特徴があります。

 

奇穴は先人達が有効なポイントであるとして見つけ、長い歴史の中でその有効性が証明され、受け継がれてきたものです。

 

 

腰痛点  別名:腰腿点

○効果

その名の通り、急性腰痛(ギックリ腰)に対してよく使われます。

腰痛点にやや強めの刺激を与えながら、腰を曲げたり回したりと運動を行います。

100%痛みは取れませんが、かなり動きやすくなります。

 

○取り方

手の甲で、人差し指と中指の中手骨底間、或いは小指と薬指の中手骨底間を押さえて痛みの強い方に取ります。

 

 

落枕(らくちん)  別名:外労宮

○効果

寝違えに対して効果的です。

腰痛点と同じで、落枕にやや強めの刺激を与えながら頸を曲げたり回したりします。 

100%痛みは取れませんが、動かしやすくなり痛みが軽減します。

 

○取り方

手の甲で、人差し指と中指の中手指節関節の凹みに取ります。 

 

 

四縫(しほう)

○効果

子供の疳虫症(夜泣き)に使われます。

 

○取り方

人差し指、中指、薬指、小指の第2関節の中央、掌側に取ります。

左右で計8穴取ります。

 

十宣(じっせん)  別名:鬼城、十指端

○効果

手指の知覚異常、発熱に使います。

また、失神や昆明、ヒステリー、癲癇に対する救急処置としても使われます。

 

○取り方

両手10指の先端中央に取ります。

 

 

まとめ

奇穴は非常に効果的なツボですが、全身調整や根本からの治療を目的とする場合は、経絡との関わりの中で用いることが重要です。 

 

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E6%89%8B-%E7%A9%BA-%E5%AD%90-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC-%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E6%8C%87-58126/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

即効性のあるツボ下痢点

手にあるツボは大腸に関係するものがいくつかありますが、その中に下痢点というツ...

手の少陰心経

          身体には正経12経と呼ばれる固有の経穴(ツボ)を持...


ツボ押しで夏バテを防ぐ

  夏になると肌トラブルになったり、食欲がなくなったり、エアコンで冷えたりと体...

押してみよう!疲労回復に効果的な手のひらのツボ

 手のひらには、全身に効果のある反射区が多く存在します。手のひらを揉んだり押...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る