カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. その他 >
  5. 注意点 >
  6. 意外と知られていない?!海外製品の表示には要注意!

アレルギー

意外と知られていない?!海外製品の表示には要注意!

 

食物アレルギーの方、もしくはご家族に食物アレルギーの方がいる場合は食品に気を遣っている方がほとんどです。
というのも食物アレルギーの基本的な治療は除去食、アレルゲンとなる食品を除いた食事だからです。

 

●原材料の確認
除去食を作るためには原材料の確認も行わなければなりません。
また、その製品が特定の食品と一緒の機械で加工されているかまでチェックしなければならない場合もあります。
基本的に、スーパーなどで見る加工品には原材料が表記されています。
特に、えび・かに・そば・卵・牛乳含む乳・落花生・小麦という7種類の特定原材料については表示が必ずあります。

 

●注意したい海外製品
国内の製品であれば原材料確認も簡単にできるのですが海外製品だとそうはいきません。
日本のように特定原材料の表示を義務化している国は非常に少なく、海外製品を買った時にアレルギーを起こしてしまったという例もあります。
海外旅行などのお土産でいただいたもの、海外から輸入して販売されている食品には注意が必要です。

 

●旅行中はその場で確認
海外から輸入されている食品の場合には表示を訳したり、表記について英語やその国の言語で調べたりしなければなりません。
旅行中にレストランなどで食事をする時には言語ができなくてもしっかりと確認をとることが大切です。

 

食物アレルギーを防ぐ基本となる除去食を作るには原材料の確認が欠かせません。
ただし、海外製品の場合は表記が日本と異なるので表記方法やその国の表記基準を調べる必要があります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/22/19/32/sandwich-15462_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

知らないと危険!!食物アレルギーの誤食を防ぐ2つのポイント

  食物アレルギーの対処法の基本はアレルゲンとなっている食品を摂取しないことに...

食物アレルギーの表示は全て表示されているわけではない?!注意点とは?

  食物アレルギーを持つ人にとっては、買った食品にアレルギーを起こす食材が...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る