カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. 生理 >
  5. 寒邪による月経後期

健康診断・健康管理

寒邪による月経後期

 

 

経遅とは月経後期とも言い、通常よりも月経の周期が遅れることを言います。

 

東洋医学では、周期の異常だけでなく、経血量の異常、月経持続期間の異常、月経随伴症状(月経に伴って現れる症状)を総合的に分析して原因と治療法を見つけます。

 

 

月経のメカニズム

月経は衝脈任脈の支配と影響を受けています。

衝脈は“血海”とも呼ばれ、12経脈の経血を肝気の助けを借りて一ヶ月かけて集めます。

任脈は陰を主っていて陰血がスムーズに女子胞に流れるように調整しています。

 

そして、脈をやぶり血が放出されると月経が始まります

 

 

寒邪

月経期や産後で胞宮(子宮)が開いて固摂機能(外に漏れ出ないようにする作用)が失調している時に、風寒の邪(風と寒さ)を受けたり、生ものや冷たいものを好んで飲食すると、寒邪が衝脈・任脈を侵し、血が凝滞し経脈の運行が阻害されて月経後期が起こります。

 

 

症状

○月経後期、経血が少ない

寒邪が衝脈・任脈の血行を凝滞させ、月経期になっても血海が充足しないために起こります。

 

○経血色暗紅、血塊混入、下腹部の絞るような痛み、痛いとこを押さえると嫌がる、温めると痛みが軽減

寒邪が胞宮に影響し、気血を凝滞させることによって起こります。

 

○顔色蒼白、四肢の冷え、寒がり

陽気が寒邪に抑止され、陽気がもつ温喣機能(温める作用)が発揮できないことによって起こります。

 

 

治則(治療方針)

温通胞脈:身体を温めて胞宮の脈の流れを良くします。

 

活血通経:血を充実させて経絡の流れを良くします。

 

 

治療に使うツボ

○気海

任脈上に位置し、気が沢山集まるツボです。

 

○気穴                                下腹部の気の流れを調えます

 

○天枢

下腹部に位置する内臓の調子を調えます。

 

帰来                                下腹部の気血の流れを調えます。

 

 

まとめ

子宮や卵巣は寒さに弱いので、冷やさないように気をつけましょう!                                         

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/01-361547.php?category=265)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理に関する記事

気虚による経早

   「経早」という言葉を知っていますか? 通常よりも月経の周期が早まること...

生理痛が酷いけどどうして?!‘寒湿’による月経痛とは

  東洋医学では、月経のメカニズムは以下のようにして起こると考えられていま...


実熱による経早

     経早とは月経先期とも言い、通常よりも月経の周期が早まることを言いま...

肝鬱化熱による経早

    経早とは月経先期とも言い、通常よりも月経の周期が早まることを言い...

カラダノートひろば

生理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る