カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 喫煙、飲酒、身体活動…がんの4割は生活スタイルが原因?

ガン・悪性腫瘍

喫煙、飲酒、身体活動…がんの4割は生活スタイルが原因?

syukan

がんは生活習慣病のひとつとも言われています。
生活習慣が深くかかわっているため、生活習慣を変えればがんをある程度予防することも出来るのではないか、という見方が長いことありました。
そして実際に研究を通して、生活習慣とがんの関連性も明らかになってきています。

●がんの4割は生活スタイルが要因

国立がん研究センターによると、5つの生活習慣を改善することによってがんのリスクが4割減ったということが明らかになりました。
国立がん研究センターでは、それぞれの生活習慣とがんの関連性も含めて研究を進め、このような研究結果を出すに至りました。
生活スタイルが要因になっているということは、生活スタイルを変えることでがんを予防できるということにもつながります。

●5つの生活習慣とは

上記の国立がん研究センターの研究によってわかった5つの生活習慣は、喫煙、飲酒、塩蔵品、BMI、身体活動です。
塩蔵品とは塩漬けの食品のことで、日本人の食生活にはなじみが深いもののひとつと言えるでしょう。
漬物、塩辛なども塩蔵品の一つです。
塩蔵品を1日に0.67g以上摂取するとリスクが高まります。
BMIとは肥満指数のことで、体重÷(身長(m)×身長(m))で算出することが出来ます。

●生活の見直し

すぐに日常生活を全てを見直すのは難しいでしょう。
ですが研究によって、たった1つの生活習慣を変えるだけでもリスクは確実に低下するということがわかっています。
少しずつ生活を変えて、がんのリスクも減らしていきましょう


(photo by //www.ashinari.com/2010/11/05-341777.php)

著者: ゆかりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

がんの発生率を高めるアクリルアミドとは?含有が確認された食品について

    国際がん研究機関(IARC)によってアクリルアミドという物質が「ヒト...

発がん性物質としてスウェーデンで発表された食品中の「アクリルアミド」

   発がん性物質にはさまざまなものがありますが、2002年4月スウェーデン政...


がんはやっぱり遺伝する?遺伝性腫瘍とは

がん家系という言葉があります。がんになりやすい家系のことを指す言葉ですが、遺伝と...

癌細胞は特殊な細胞ではない!?癌細胞ができるメカニズムとは

癌発生のメカニズム癌細胞は決して特殊な細胞ではありません。もともと、自分自身の細...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

原因の記事ランキング

人気体験談ランキング

ガン・悪性腫瘍のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る