カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. 生理 >
  5. 通常よりも月経の周期が遅れるのは何で?虚寒による月経後期とは

健康診断・健康管理

通常よりも月経の周期が遅れるのは何で?虚寒による月経後期とは

 

 月経後期とは経遅とも言い、通常よりも月経の周期が遅れることを言います。

 

東洋医学では、周期の異常だけでなく、経血量の異常、月経持続期間の異常、月経随伴症状(月経に伴って現れる症状)を総合的に分析して原因と治療法を見つけます。

 

 

月経のメカニズム

月経は衝脈任脈の支配と影響を受けています。

衝脈は“血海”とも呼ばれ、12経脈の経血を肝気の助けを借りて一ヶ月かけて集めます。

任脈は陰を主っていて陰血がスムーズに女子胞に流れるように調整しています。

 

そして、脈をやぶり血が放出されると月経が始まります

 

 

虚寒

陽の気が少ない体質であったり、長期の病房事過多(性交渉)により腎の陽気が損傷され、陽気が臓腑を温喣(温める)できないと、臓腑機能が減退して血がうまく作れなくなります。

血が不足すると衝脈・文脈が充足されたいため、胞宮(子宮)の月経期になっても充足することができず、月経後期が起きます。

 

 

症状 

○月経後期、経血量が少ない、経血色が淡い、経血がサラサラ

陽気が不足して臓腑を温養できず、血を作り出したり運ぶ力が減退して、血海の充足が後れる事によって起こります。 

 

○下腹部の隠痛(我慢は出来るが持続的な痛みが続く)、温めたり押さえると気持ちいい

陽気が不足して、子宮周りの経脈を温める事ができず、血海の充足が遅れる事によって起こります。

 

○めまい、息切れ、腰のダルさ、身体四肢の冷え

陽気が不足して全身の臓腑が温められないことによって起こります。

 

○顔面蒼白

陽気の持つ押し出す力(推動作用)が減退し、血の運行が低下して、気血が顔面部に上昇しないことによって起こります。

 

 

治則(治療方針)

温腎壮陽:腎を温めて陽の気を元気にします。

 

調補衝任:衝脈・任脈の気を補って流れを調えます。

 

 

治療に使うツボ

○気海 

任脈に位置し、下腹部にあり気が多く集まるツボです。 

 

○気穴

下腹部の臓器の経脈を調える効果のあるツボです。

 

○三陰交

足の3本の陰経が交わるポイントです。女三里と呼ばれるほど婦人科疾患に効果的なツボです。 

 

○命門

両腎の間にあり、腎が蔵する先天の精(生命エネルギー)が蓄えられているところです。

 

○太渓

腎の原穴です。原穴はその経脈の気が多く集まるツボです。 

 

まとめ

子宮などの生殖器は腎が主っています。腎の生命エネルギーを消費しきらないように気をつけましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/01-361528.php?category=265)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理に関する記事

毎月来る辛い痛み…生理痛に効くツボで憂鬱な日を減らそう!

     ツボを刺激して治療する、と言うと気の流れや民間療法めいたものだろう...

生理痛が酷いけどどうして?!‘寒湿’による月経痛とは

  東洋医学では、月経のメカニズムは以下のようにして起こると考えられていま...


肝腎虚損による月経痛

    東洋医学では、月経のメカニズムは以下のようにして起こると考えられてい...

つらい生理痛を緩和できるツボとは?

生理開始、あるいは生理が始まる前から、腰や下腹部の鈍痛に悩まされる人は多いと...

カラダノートひろば

生理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る