カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. その他 >
  5. 統合失調症の症状「幻聴」ってどんなもの?

メンタル

統合失調症の症状「幻聴」ってどんなもの?

統合失調症の症状の一つとして「幻聴」があります。
当然の如く、周りの人には一切聞こえていないのですが、本人にはその声や音がはっきりと聞こえているので、周りが「そんなの聞こえない」とか「そんなこと言ってない」といくら言っても、本人には分かってもらえないものです。


幻聴には、統合失調症が発症したときから、服薬を始めて回復期に向かうまでの時間軸からみて様々な種類があります


1) 発症前後の、声ともざわめきともつかぬもの。
何となく音が聞こえるけれど、それは何かの音がねじれて声に変わっているような不思議な感覚だといいます。


2) 症状が活発な時の酷い幻聴
いくら耳を塞いでも聞こえてくる、世界全体が叫び出したような極期の幻聴をいいます。人によってその内容も様々で、「とにかく辛い」ようです。


3) 不安によって強まる幻聴
極期を過ぎて、次第に力が弱まり、それとともにだんだん同じ言葉の繰り返しになる幻聴をいいます。これは不安感を感じるとその幻聴が強くなるといわれています。


4) 繰り返しの幻聴
回復期のときにおこる同じ言葉や内容の繰り返しの幻聴になります。退屈なときや、場面の環境音が変わった時などにおこり、ある程度聞き流す事ができるものです。


5) 突発的な、過去に起因する幻聴
過去のショッキングな事件のときの現実の声が生々しく聞こえます。これは、その方の心の傷を表しているそうです

 

どの幻聴もずっと続くということは少ないようで、徐々に内容も変わりますし、その頻度も聞こえ方も変わってくるようです。

1~4は回復に応じて移行していくといわれている内容です。

5に関しては、本人の体力や気力が回復するにつれて、徐々に聞こえてこなくなるようです


どちらにしても、本人には辛いことに変わりはないと思います。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/28-370792.php)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

心神喪失ってなに?

心神喪失のため、無罪判決になりましたという事件がたまにありますよね。では、こ...

親の問題点としての「過保護」

  統合失調症を患う方の家族に話を聞くと、「過保護でした」「甘やかしました」と...


冬生まれは統合失調症になりやすい?

  統合失調症とは現実と非現実の境界線がぼやけてしまい、幻聴や妄想が実感を持っ...

統合失調症薬『リスパダール』と抗うつ薬『パキシル』は併用してはいけない?副作用増加のリスク

2007年に厚生労働省が、統合失調症治療薬『リスペリドン(一般名:リスパダール...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る