カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. 接し方 >
  5. 統合失調症の症状…幻覚・妄想にどう対応するか?

メンタル

統合失調症の症状…幻覚・妄想にどう対応するか?

幻覚や妄想は、普通は体験する事のない不思議な体験です。

 

「本当は、自分は○○国の貴族らしい」とか、「有名アイドルの▲▲と●●は自分のことが好きで奪い合いをしている」とか、「自分の考えが全てラジオで放送されているらしい」とか、とにかく色々なものがあります。

どんな幻覚・妄想であれ、聞いている側にとっては非現実的で有り得ない内容なので、真剣にそういう話をされると戸惑ってしまいます。


そんなとき、一般的に、幻覚や妄想に対してはこう接すると良いと言われています。

 

* 中立的な態度


* 「ふしぎだね」という態度で接する


* 「私は体験してない」とさりげなく付け加えるのもいい

 

また、反対にしてはいけない態度として

 

* 「またそんなこと言ってる」と否定する


* 「あなたの言う事は聞き飽きた」と突き放す

 

自分を傷つけるかもしれない、また誰かを傷つけるかもしれない危険な発言を認めた場合……例えば、あくまでも例ですが、「死んだら楽になるんだって」「人を一人傷つけると、神様に誉められるらしい」等の意味合いを含んでいる場合、『ひょっとして間違ってたら取り返しがつかないから、実行しないことをすすめる』のがいいです。

「やめて!」と強く全面否定するのではなく、とにかく繰り返し、「取り返しがつかない」という事実を伝えましょう。

 

そしてその発言が止まない場合は、事前に主治医から精神状態が不安定になっているときのお薬を渡されていた場合、それを服用する事を勧めるのも一つの手段です。


どちらにしても、自分の手には負えないというケースは、きちんと専門医に相談しましょう。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/08-369519.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

接し方に関する記事

統合失調症患者は痛みに鈍感

   統合失調症患者は健常者よりも痛みに鈍感だと言われています。これは全く痛み...

統合失調症の様々な幻聴~その内容とは?~

  統合失調症を患う方にとって、幻覚や妄想の辛さを決めるものは、その強度もあり...


統合失調症の方が薬を飲まない時、家族はどうすれば良いか?

統合失調症の患者さんは、自分が病気だという自覚がなく、その治療を積極的に受け...

統合失調症は100人に1人の病気!どう接したらいい?

厚生労働省での調査の結果、1日のうち統合失調症、もしくはそれと疑わしい症状に...

カラダノートひろば

接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る